我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2016年06月01日

もも再々募集です。

我が家で募集お手伝いをしていてお試し生活中だった、ももですが、
残念ながら、お断りになってしまいました。

今回もお断りの理由は「咬む」です。

排泄の時、寝ている時、に触ろうとして咬まれてしまったのと、
先住犬が咬まれてしまった事で、ももが反射的に出てしまう咬むという行動に、
どう接していいか自信が持てなくなったという事でした。

今回の希望者様は、ももと仲良くなるため、
しつけのトレーニングを頼んでくれたりして、
コミュニケーションをとろうと頑張って下さったり、
先住犬と、ももとの相性もよく、いっしょに遊んでいたりしていたので、
ももはどんどん穏やかになっていて、吠えも減り、
反射的な咬みも抑制ができつつあり、順調に生活出来ていたようだったのですが、
このような結果になってしまいました。

我が家がももを預かれない理由がありました。
それは「咬む」より「吠え」です。
ももは、ビーグル特有の甲高い吠えがあり、それもずっと吠え続ける傾向があり、
今年10歳になる先住ウサギのいる我が家は、ストレスで寿命が縮んでしまう可能性と、
ご近所が近く、ご近所迷惑になる恐れがあるため、
預かりが出来ない状況でした。
でもそんなことを言っていられないので、今、ももは5/16より我が家で預かっています。

我が家でのももはというと、「咬む」または「咬みそう」も含めて、
今の所そのような素振りはありません。

心配していた「吠え」ですが、最初の日は多少ありましたが、
2日目以降は、吠えても無駄だと分かったようで、
数回で終了するようになり、今の所、特に問題になっていません。

我が家の接し方は、「咬み」に関しては、咬まれない様に徹底的に距離を置くです。
咬まれると、人間も怯んでしまいますし、犬にとっても悪影響になります。
なので、咬む行動を出させない様に徹底しました。
ももの場合、我が家はももの他に8頭の犬がいて、その多くはシニア犬です。
最初から、先住犬達と生活させるのではなく、ももだけの空間を作りました。
私達の接し方も、最初から触れ合うのではなく、1年2年かけてコミュニケーションを、
取るくらいの気持ちで、距離を保ちながら接しています。
先住犬達との距離も同じです。1年2年時間をかけるぐらいの気持ちで
距離を本当に少しずつ詰めて行きます。
ももが甘えを要求して来ても、クールに接します。
1年2年の時間をかけるぐらいの気持ちで、
本当に少しずつ、ももとのコミュニケーションの密度を上げて行きます。

また2回のお試しで、2回とも希望者様から言われていた
「豹変」という言葉がありました。
凄く気になっていて、気をつけていますが、我が家では、今の所みられません。
何となく興奮してきそうなときは、腕を隠したり、「お座り」をさせて落ち着かせ、
それでも駄目なときは部屋から出てしまいます。
そうすると興奮が下がります。
ももも分かっているようで、自分から興奮を下げる様にしているようです。

2度の希望者さまとの生活で、以前より表情も 性格もかなり柔らかくなって来ています。
一緒に生活する事で、何度も募集文で書かせて頂いた、

・強制ではないしつけ方で、距離を置きながらゆっくり信頼関係を築く
・信頼関係が築けるまで過剰に撫でたりしない
・環境管理を徹底する

この事を徹底して守って頂くことで咬む行動を無くす事が出来ると思っています。

元の飼い主宅での間違ったしつけ方法で、嫌な事があると、
反射的に咬む行動がでてしまうももですが、
2度のお試しで、間違ったしつけ方法を行わなくなってから、
私共が最初に会った時に比べて、見違える様に穏やかになっています。

このようなももですが、ご興味がありましたら、是非お問い合わせください。

momo021.jpg

momo020.jpg

ニックネーム キース家 at 23:31| Comment(0) | ももの日記(お手伝い) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

5/22ちばわん幕張いぬ親会にて感動の再会

5/22のちばわん幕張いぬ親会に雪(せつ)と参加しました。

あれ?
P1040096.jpg

この光景は???
P1040107.jpg

数ヶ月前に見たような???
P1030766.jpg
(↑これは2015年10月のとき)

なんと!颯(そう)がいぬ親様と遊びに来てくれたのです。
雪は颯がいぬ親様の所にいったあと、
同じテンションで遊んでくれる仔がいなくて、いつも消化不良気味。
いぬ親会でも、あまり元気のなかった雪ですが、
今日は、遊び相手が来たので、久々のハイテンション。
いつもの雪に戻りました。

P1040105.jpg

P1040106.jpg

久し振りにあった颯は、精悍な顔つきになっていて本当に大人になっていました。
暴れん坊の颯をとても大切にしてくれている、いぬ親様。
愛されているんだなということが伝わって来て、本当に嬉しかったです。
来て頂いて本当に有り難かったです。

そういえば颯が決まったのも、この幕張のいぬ親会。
沢山の方が雪に興味を持って頂けたので、
頑張んなきゃと思ったのですが、残念ながら今回もいいご縁はなし。

でも、颯にも会えて、雪も元気になったし、まあ収穫だったということですかね。

良かったね雪。
P1040103.jpg
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | 雪(せつ)と霜(そう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

恒例の健康診断

高齢になってきた我が家の先住ワンコ達。
ということで恒例の健康診断に行って来ました。
本日健康診断をしたのは、
リゲル、ユエ、タイガ、フィラ、リアラ、天道(テッド)の6頭。
大所帯の我が家は健康診断も一大イベントなのです。

今回は、いつもお世話になっている君津の病院で、
血液検査と、アイラの件もありレントゲン撮影をしました。

一番気になるリアラ。リアラの癌の転移は今回も見られませんでした。
でも今年推定11歳のリアラは、老年性の背骨の変形がみられ、
検査の中では、我が家で一番年齢がいっているとのこと。
リアラは、免疫力も弱く、ここのところの気温が上昇で、
収まっていた皮膚の荒れもまた再発。
こちらは飲み薬と塗り薬を処方してもらいました。

次にタイガ。タイガも今年推定10際。
タイガはフィラリアの治療をしたのと、
最近体力が落ちて来ているようなので、心配していたのですが、
若干の心臓の肥大はある物の心配無しとの事。

次にユエ。ユエも今年で推定10歳。
でもものすごく若いらしく、検査的にも全然10歳にみえないとの事。

次は我が家最高齢のリゲル。
今年15歳になるリゲルも、とても心配していたのですが、
こちらも全く問題無し。検査的にも、とっても若いそうで、
リアラにみられた背骨の変形もないそうです。
まだまだ長生きして欲しいので、とても嬉しかったです。

次はフィラ。フィラはまだ推定5歳。
我が家で一番若いので、もちろん問題無し。

最後に天道(テッド)。天道も今年で推定9歳。
35kgの大型犬の天道は、10歳ぐらいから
年齢とともに一気に病気が進行したりするので、
こちらも心配していたのですが、特に問題無し。
ビックリしたのが、採血も全く無抵抗。
さらに他の仔が抵抗して時間がかかっていた、レントゲン検査も、
すんなり検査終了。
あまりの優等生な態度に、天道へ行っていた人間との信頼を築く為の、
陽性強化トレーニングの成果が出たようで、とても嬉しかったです。

ちなみにリンカは付き添いで、先日起きた発作について、相談しました。
やはり原因究明には、様々な検査が必要との事で、
次回起こった時に、投薬をするか、検査をするか再度相談する事にしました。
ただリンカは、得意のさえずりで迷惑をかける始末。困った物です。

今回、特に問題なかった我が家。
昨年のアイラのこともあったので本当に良かったです。

行儀良く検査してくれたご褒美に、帰りに高滝湖のPAの展望台によりました。
楽しんでいたようなので良かったです。

癌の転移がなかったリアラと、年齢よりかなり若いと言われたユエ。
FullSizeRender.jpg

一番行儀がよかった天道(テッド)と、フィラリアの影響がなかったタイガ。
FullSizeRender2.jpg

ニックネーム キース家 at 23:25| Comment(0) | 天道(テッド)の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

茂原公園にて

ゴールデンウィークにお出かけ気分でもと思い、茂原公園に行きました。
ここは山登り出来るコースがあるので、みんな上機嫌。

リンカもこの笑顔です。
P1040077.jpg

楽しめたようだね。リンカ。
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | リンカの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

5/1ちばわん篠崎臨時いぬ親会に参加しました。

5/1ちばわん篠崎臨時いぬ親会に雪(せつ)と参加しました。
天気にも恵まれ、沢山の来場者様が来て頂けました。
雪(せつ)にも沢山、声をかけていただいたにも関わらず、
残念ながら、今回も出会いはなかったです。

でも雪(せつ)も以前のようなずっと落ち着かない様子も減って来て、
少し大人になったかなと思えました。

また次回がんばろうね。雪(せつ)

P1040064.jpg


ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | いぬ親会の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

もも再募集です

2月中旬から希望者様のお宅でお試し生活を送っていたももですが、

残念ながら希望者様からももを家族に迎える事を断念するとの

お申し出がありました。

要因としては

・2度咬まれた
・先住犬との相性が良くない
・吠える声がうるさい
・家具を齧る
・雑巾が嫌いで散歩から帰って来た時、脚が拭けない
・ペットシーツ以外でもオシッコをしてしまうので掃除が大変
・ペットシーツをぐちゃぐちゃにする。マットを剥がす
・高い所に置いてある物をジャンプして落とし、いたずらする

咬まれた以外の問題は、保護犬を迎えるに当たってよくある問題です。

それなので、これらは一旦置いておきます。

ももの「咬む」という問題を掘り下げてみたいと思います。


ももの「咬む」行為ですが、これは力によるしつけが要因です。

「予期せぬタイミングで人間が暴力をふるう」という思い込みが、

悲しい事に幼い頃からの経験で染み付いてしまったのです。

それなので、ももに家庭のルールを教える時は、暴力は厳禁です。

強制訓練でのしつけを行うご家庭には絶対に譲渡出来ません。

実際、希望者様のお宅で一切恐怖を与えるようなしつけをしないよう

お願いした結果、目に見える程の変化がありました。

私がももに会ったのは希望者様のお宅で3度目、

1〜2回目は元飼い主さんの所で会ったのですが、

元飼い主さん宅にいたももは神経を尖らせて、いつも警戒している感じ。

希望者様のお宅でお試し生活をしていたももは、別犬のように明るく、

屈託のない元気さで、今までの苦痛から解放されたという事が

表情や行動から見て取れました。


では、何故咬んでしまったかという問題ですが、

1度目は触り過ぎのためです。

ももは暴力を振るわれても、人間は好きなのです。

それなので、普段は触って欲しいと甘えて来ます。

そこで少しだけ構ってあげるくらいに留めておくと大丈夫なのですが、

際限なく長時間撫でてしまうと人の手に対する恐怖心がふっと現れ、

そこで咬んでしまったようです。

ですからこれに対しての対処法は「長時間撫でない」というだけです。


もう一つの咬んだ理由は、ももの前で雑巾で掃除をしていた時です。

ももは雑巾にとても恐怖心を持っています。

雑巾を見ると、恐怖心から攻撃してくるそうです。

それなので、掃除をする時はももをケージに入らせてからする。

脚拭きは雑巾以外の物で対処するなど、回避する事はとても簡単です。


私は、希望者様にこうお伝えしていました。

「ももは私が保護活動をして来た十数年の中で、3本の指に入る難易度」と。

元飼い主さんのお宅にいた時のももは、「人間を信用出来ない」という気持ちが

見て分かるくらいの猜疑心に溢れていたからです。

ですが希望者様のお宅での生活で、恐怖心を植え付けるしつけから解放され、

全然変わっていました。

たったひと月ちょっとで、こんなに雰囲気が変わるのかと驚きました。

今や「3本の指に入る難易度」ではありません。

ちばわんで預かりを3〜4頭経験したら、ももと暮らす技術は充分かなという位

驚くほど改善していました。

(ビーグルの吠え声が許容出来る環境という条件がありますが。)


残念ながら、現在の希望者様はこれ以上のももとの生活は望んでおられません。

新しいお家を探すまでとの約束で、預かって頂いている状態です。


そのような訳で、ももを生涯に渡って愛して下さるご家庭を探しています。

咬まれない接し方のコツなど、アドバイスを真摯に聞いてくださり、

ももの為に努力を惜しまない、強い気持ちをお持ちの方をお待ちしております。


ももが心から信頼出来、安心して身を委ねる事が出来るご家族が見つかります様に。

IMG_0133.JPG

→4/16よりお試し生活を開始しました。
ニックネーム キース家 at 20:51| Comment(0) | ももの日記(お手伝い) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

動物ふれあい広場

明日の3月5日、千葉県動物愛護センター東葛飾支所で行われる

動物ふれあい広場(予約制らしいです)にフィラが参加します。

フィラは子供達にわんちゃんの触り方のレクチャーと、

トレーナー体験のデモンストレーション犬の1頭になります。


フィラは富里出身ではありませんが、県内のセンターに捕獲収容された、

人と暮らした事のない野良犬一家の末裔でした。

センターから我が家に来て初めて、人との生活だったので、

私の動きや、物音が怖くてびびりションやびびりウンしながら逃げ回り、

プラスチックトレーやサークルやバリケンのドアなど頑丈な金属もねじ曲げ、

酷い時には、舌にピアスをつけたかのように金属ネットの先端が貫通して、

あまりの驚きに私は倒れそうになりました。(倒れないけど。笑)

その後、色々ありまして(その節は沢山の方にお世話になりました。)

人に心を許すなんて考えられなかった子でしたが、

今では散歩中に誰か声をかけてくれようなものなら、

真っ先に愛想良く近づいて行くなど、大きく変わりました。

そして、子供達とのふれあいのデモンストレーション犬も勤めさせて頂き、

(我が家の中でもリゲルに次ぐ適性の持ち主)

私が見て来た犬の中で、一番変化したのがフィラかなと思います。


そんなフィラと一緒にいたので、リンカも変われると信じていますし、

リンカが花開くまで少しずつお手伝いしたいのです。

人と適切な関係を結べず、人が苦手な犬は沢山いますが、

性急な関係改善を望むのではなく、じっくり時間をかけて待つ事も大切な事を

どうか理解して欲しいです。


という事で、フィラは野良犬としてセンターに収容された生い立ちを持つ犬として

「どんな犬でも人間の良きパートナーになれる」という事を伝えに

明日は頑張って来てもらいます。

どうか、フィラを見て「人間が嫌いな犬とも、心を通わす事が出来る」と、

知って欲しいです。

そして、センターに収容されている犬だって、大切なパートナーになると、

実感してもらえたら、フィラも私も嬉しいです。


image.jpeg

フィラ「明日は、ゆみじゃなくてともと行くんだよ。よろしくね。」


※ 画像はトレーニング施設のドッグラン内なので、ノーリードです。
  首輪・名札などは着けています。

→フィラの当日の様子はこちら←
ニックネーム キース家 at 11:28| Comment(0) | フィラの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

まだまだ続くよ、春の花

<3月6日(日)篠崎で行われるいぬ親会に雪とリンカ、参加します>


今日のお花はタンポポです。

前回の河津桜の失敗を踏まえ、

今度はオスワリして撮影しました。

賢こカワイイせっちゃんが撮れて私も満足です。

image.jpeg

雪「最初っから、ワタシに『座って』って、言えば良かったんだよ。

そしたら、ちゃんと撮れるのに。」
ニックネーム キース家 at 20:14| Comment(0) | 雪(せつ)と霜(そう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

ふたつのリンカ

リンカには「陰のリンカ」と「陽のリンカ」がいます。

陰のリンカは人間が苦手、手に怯え、内に籠り、自信がない。

間違いで逃してしまったら、連れ戻す事は困難でしょう。


陽のリンカは明るくハキハキして、大きな声で喋り、力強く、

みんなの中心ではしゃいでいるような子。


陰と陽、どちらもリンカである事には変わりません。

どちらも愛して下さる方が現れて欲しいなと思います。

image.jpeg

リンカ「ワタシ、散歩中はメチャメチャパワフルだから、

"無敵マリオ"って言われるの。

どんな障害もなぎ倒して進むからなんだって。」
ニックネーム キース家 at 22:17| Comment(0) | リンカの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

春だね〜、ちょっと無理矢理

image.jpeg

ゆみ「ねえねえ、ちょっとこっち向いてよ。」

image.jpeg

ゆみ「うわ、河津桜はピンボケだし、雪は指名手配みたい。汗」

image.jpeg

雪「撮るの必死なのはわかるけど、ぜんぜんイケてないよ。」

ゆみ「が〜ん! 雪にダメ出しされた、、、。」
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | 雪(せつ)と霜(そう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする