我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2016年02月19日

ワタシ、洗われた

雪「ワタシ、洗われちゃった。」

「オフロにつれていかれたの。」

「小さい頃、しょっちゅう薬用シャンプーしてたから、

そんなにイヤじゃないけどね。」

「じっとしているとゆみが『いい子だね』って

ほめてくれるしね。」

「だから、ま、いいかってかんじ〜。」

image.jpeg

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | 雪(せつ)と霜(そう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

レッスン記 2016/2/4

いつも「マスターハンドラークラス」と「プレイクラス」、

2枠のレッスンを受けています。

この日はマスターハンドラークラスのクラスメイトはお休みで、

私だけになってしまったので、いつものユエとリゲル以外に、

誰かもう1頭連れて行こうと思い、たまたま玄関先で待機していた

天道を連れて行く事にしました。

天道のレッスンはご無沙汰だったので、テンション高く、

やる気に満ち満ちていました。

いくつかの課題を嬉々としてこなし、とっても生き生きしていました。

連れてきて良かった〜!! と思いました。


プレイクラスはmaricoさんとタイソンが参加して、

マスターハンドラーテストのための練習となりました。

maricoさんは、私にD.I.N.G.O.のレッスンが近場で受けられると

教えてくれた人なのです。

それから早10年弱、いまやD.I.N.G.O.での経験や知識なしでは

保護活動に支障があるほど重要な物になりました。

私はまだまだテストに受かる実力はありませんが、

(maricoさんとタイソンはそろそろかな)

出来ない事を一つ一つ、ユエと乗り越えて行きたいと思います。


image.jpeg

昔から仲が良かったリゲルタイソン。

久しぶりに会えて喜ぶかとおもいきや、ビミョーな感じ。


ニックネーム キース家 at 15:34| Comment(0) | D.I.N.G.O.レッスン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

リンカが変!!

1月下旬の事でした。

昼頃、リンカがまるで酔っ払いのようにふらふらと千鳥足で、

部屋を移動して、バリケンに逃げ込みました。

ここで慌てるとリンカにストレスを与えてしまうので、

見ていなそうに振るまいつつ、観察していると、

ものの10分くらいで普通に戻りました。

私は今までてんかん発作は見た事がないので、

てんかんとかどうか判断出来ないし、

前庭障害ともちょっと違うような、似ているような、、、。

悩んでいても仕方ないので、大事をとって病院へ。

一般的な血液の生化学検査と甲状腺の検査を勧められ受けましたが、

特に問題はありませんでした。

一体、何だったんだろう、、、。

現在は経過観察という所なのですが、

全く問題なく元気に過ごしています。

一過性ものでありますように、、、。

image.jpeg

リンカは天道くんが大のお気に入りです。

天道くんは鬱陶しくて、鬱陶しくて、最初は追い払っていましたが、

今は根負けして渋々許可しています。

可哀想な天道。(-_-)


ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | リンカの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

雪はナニ系?

image.jpeg
雪「散歩の時は、こうして、こうしてっと、、。」

image.jpeg
雪「棒をくわえると、テンション上がるんだよね〜。」

image.jpeg
雪「むむっ、あそこにカッコイイバイクが!!」


雪はどんな犬の血を受け継いでいるのかな〜と考えます。

私的にはシェパードみたいな大きな耳で、日本犬っぽさも

あるかな〜と思っていたのですが、ちょっと違うかも。

棒を咥えて持ち歩くのが大好きなのはレトリーバー系で、

車、とりわけバイクが走っているのを見かけると、

反射的に追いかけたくなるのはボーダーコリーか?と。

全体的に遊び好きでヘラヘラしている感じは、

やっぱりレトリーバー系なのかな?

だけど立ち耳なんだけどな、、、。
ニックネーム キース家 at 16:32| Comment(0) | 雪(せつ)と霜(そう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

リンカの散歩中の様子



小鳥のさえずり???

リンカが何故こんな声を出しているかと言いますと、

私の解釈では「あなた達、早く来なさいよ!!」と、

喝を入れているのかと思います。

夫の休みの日の散歩は、私チームと夫チームに分かれるのですが、

夫チームはペースが遅いので、リンカチーム(私)と距離が開きます。

そうなると、あの声でみんなを呼ぶのです。

賑やか過ぎるリンカですが、リンカの内面をもっと引き出すため、

まだまだ見守って行こうと思います。
ニックネーム キース家 at 01:03| Comment(0) | リンカの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

ワタシ、絶体絶命

雪の苦手な物、、、道路のグレーチングです。

うっかり雪を連れて接近してしまうと、ぴょ〜んと飛び退きます。

時には、歩道からジャンプして交通量の多い道路へ行きそうに、、、

なんて時もあり、私も道連れにする勢いです。(-_-)

(飛び出さない短さにリードを持って用心しているので安心して下さい)


それなので、雪と散歩する時はとりわけグレーチングには気をつけています。

image.jpeg

雪「ちょ、ちょっと! これどこ進んだらいい?!」

この右端が車がビュンビュン走る県道です。
ニックネーム キース家 at 12:40| Comment(0) | 雪(せつ)と霜(そう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

2/7ちばわん篠崎いぬ親会に参加しました。

2/7ちばわん篠崎のいぬ親会に、雪とリンカと参加しました。
寒くて風が強かったのですが、沢山の来場者の方が来て頂けました。
本当に有り難い事です。

さてさて我が家の雪とリンカはというと、
雪は、遊び相手がいなくて退屈らしく、ずっとテントの後ろで欲求不満状態。
前に出てくれず、全く目立たない(汗)

逆にリンカの方が、テントの中央にいて、他の仔の匂いを嗅いだり、
いぬ親会にも慣れて来たようですが、常に帰りたいと、
か細い声でピーピーと要求する始末。
周りの方にご迷惑をかけてしまいました。申し訳ありません。

結局、2頭とも、いいご縁に恵まれませんでした。

でもリンカの前の状態を知っているスタッフの方に声をかけられ、
リンカの今の状態をみて、この普通の状態にビックリして頂けました。
そうなのです。この普通でいられる状態が、リンカにとっては凄い成長なのです。
リンカの成長した姿を見せられる事が出来て、本当に嬉しかったです。

さあ、また次回頑張ろうね。雪、リンカ。

うしろにいた雪
P1030924.jpg

帰りたい要求中のリンカ。立って要求中。
でもコレが出来る様になったこと自体凄いのです。
P1030920.jpg

リンカにちょっかいを第だして遊んでもらおうとする雪。
でもリンカは本気で怒っています。
P1030922.jpg

雪がうるさいので、結局抱っこ。こうすると雪は落ち着きます。
P1030925.jpg
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | いぬ親会の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

レッスン記 16/1/28

この日もレッスンで色々な事をしたのですが、

一番印象に残った事は「待て」「おいで」です。

とっさの場面で、犬の命を守るのに必要な事は「待て」と「おいで」。

これらが完璧だといざという時、強力な切り札になります。

迷子になり10日間彷徨っていたフィラも、

運良く巡り合った時に「おいで」が完璧だったので、

保護する事が出来ました。

・・・という訳で、実際に体験した私が保証します。


「待て」「おいで」は全ての方に教えて欲しいキュー(合図)です。

大切な点は練習の時、必ず来てもらえる「シチュエーション作り」。

名前を呼んで、アテンションを取ってからの「おいで」。

「来て良かった」と犬が思えるようにするのが大切。

「来て失敗した」と印象付けたら、来てくれなくなるかもしれない。

そして「呼び戻されたら、楽しい事が終わる」と思われないよう、

ドッグランでの練習時など、呼び戻してすぐ解放して、

また遊びに戻れるようにする。

「待って」でその場で待つのも楽しい。

「おいで」で戻って行くのも楽しい。

そんな風にトレーニング出来たら、大成功です。


同じモチベーショナルトレーニングでも、

動機が「やらないと怒られるから・怖いから」ではなく、

「やると楽しいから・ワクワクするから」の方が犬だって幸せです。


一緒に暮らしていると「犬はこれが出来ないとダメ」、

「こんなの出来て当たり前」なんて勝手に思い込んでしまい、

「正しく出来ないと罰を」という人は結構多いと感じます。

そんな時、自分の教え方・伝え方を省みて欲しいです。

それらを変える事によって、格段に意思疎通が向上します。

「待って」や「おいで」を教える根幹は、犬達の心をどう掴むか、

それが重要なのだと、この日のレッスンで改めて思いました。


image.jpeg

ユエ「私、撮られるのキライじゃないわよ。」

リンカを撮っているのにレッスンの成果かユエがポーズを決めています。

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | D.I.N.G.O.レッスン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

今度は前脚が!

リアラ、今度は右前脚が付けなくなりました。
前回の教訓から、脚の裏もきちんと見たのですが何もなく、
病院でレントゲンを撮ったのですが骨折もなく、
結局、原因は分からずじまい。
特定には、CTやMRIの検査をしなければならないことに。

一旦、投薬で治るか、試して頂いたのですが、
最初の薬はあまり利かず、次にステロイドを多めにしていたしてただいた所、
脚が付ける様になって来ました。

でもステロイドは神経系に利くそうで、
原因として神経系が疑われる事に。

ということで、また検査をするかの相談をしなくてはなりません。

精神的に弱いリアラ。
あまり無理をさせたくないので、本当に困ったものです。
P1030854.jpg
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | リアラの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

1/17ちばわん篠崎いぬ親会に参加しました。

1/17にちばわん篠崎いぬ親会にリンカと雪と参加したのですが、
ブログをアップしてなかったので、画像だけアップしておきます。

りりしい雪
P1030883.jpg

雪が飽きて来たので、裏の広場で遊ばせました。雪は走るのが大好きです。
P1030888.jpg

雪は棒も大好き。棒を加えて走ります。
P1030887.jpg

雪とリンカ。微妙な2人。
P1030889.jpg

リンカ、帰りたい要求中。
でも人間に要求する事が出来る様になった事が凄い成長なのです。
P1030882.jpg

「すごいねっリンカ」呼んだら見ました。
P1030881.jpg

人の目が見れる事。これも凄いのです。
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | いぬ親会の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする