我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2017年10月08日

9/24富里なかよし動物フェスティバルに参加しました。

9/24富里で行われた千葉県なかよし動物フェスティバルに参加しました。
このイベントでは、毎年、我が家は啓蒙活動のお手伝いをしていて、
犬の触り方や災害の事をステージやブースで説明しています。
デモ犬としてセンター出身の先住犬のユエとフィラに手伝ってもらって、
わんちゃんを家族に迎える時の選択枠に保護犬も入れて欲しいという
PRを行なっています。

留守番が長くなるので 、ちばわんの了承のもと、
木綿も啓蒙活動のお手伝いをしてもらいました。

木綿の受け持ちは子供達に心音を聞かせるコーナーと触れ合いコーナーです。
子供達にたくさん触られても全く問題なく、
木綿はどちらもきちんと役目を果たしてくれました。

ステージ上では自己紹介の時、
木綿はセンター出身のこと、
新しい家族を探していること、
そしてちばわんのブースでは木綿と同じように
新しい家族を探しているワンコ達が他にもいることを、
アピールさせてもらいました。

木綿にはいい出会いはなかったですが、
少しでも来場した方に保護犬の素晴らしさをアピールできていると
いいなと思っています。

ユエ、フィラ、そして木綿、いつもありがとう。
あなた達が参加してくれるだけで、メッセージとして伝わります。
本当に助かっています。

3頭で参加です。
IMG_255.jpg

木綿触られても平気です。
IMG_250.jpg

IMG_253.jpg

子供にお手をしてます。
IMG_257.jpg

ユエと一緒
IMG_258.jpg

フィラと一緒
IMG_260.jpg

木綿、よくできました。
IMG_254.jpg

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ドロップキック?!

最近、イケイケなあみちゃん。

テンションが上がると怖いもの知らず。

普段は絶対に私にタッチしに来ないのに、

ゴハン時になると豹変!!

待ちきれなくって、準備している私に両前脚でどーんとぶつかってきます。

その威力ったら、まるでドロップキックを受けたみたいに

よろっとしちゃうパワー全開のアタック!!


そんなに元気が有り余ってるなら、普段からもっと挑んで来なさい。

いつでも相手になってあげるよ!!

2046B450-32E9-4300-BDDF-DF7DF253ABFE.jpeg

リンカ「ねえねえ、ゆみが何か言ってるよ?」

あみちゃん「ギクッ!! 聞こえないふり、、、っと。」
ニックネーム キース家 at 19:04| Comment(0) | 明未夏の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

ユエの付き添い

ユエのトレーニングの付き添いで、行ってきました。

この日は沖縄から見学に来た専門学校の学生さん2人と、

木綿は初対面の、凄く久し振りにレッスンに参加した、

私と同じ時期にトレーニングを始めたボンちゃんとボンちゃんママ、

そして、私も初めましてのわんちゃんと飼い主さんもいて、

いつもより人も犬も大所帯でした。

いつもとちょっと違う雰囲気の中で、ユエのレッスンと同時に

木綿の様子も見ないといけないので、いつも以上に神経を使いました、

木綿は終始お利口に待っていてくれました。

ただ、やはりというか、会うわんちゃんに対して、

「私に構わないで」といちいち言ってるので、それを家でともに報告したら、

「木綿はわんちゃんへの接し方が上手じゃないんだよね〜。」と。

木綿は他犬NGではないのですが、

相手が絶対に自分に危害を加えないと確信出来るまでは、

あまり近付いて欲しくない、遠ざけたいからなのだと感じます。

自分に自信がないというか、、。

なのに、相手が後ろを向いたりして木綿から意識がそれると、

そっとお尻の匂いを嗅ぎに行くので、興味はあるみたいです。

ウチでは8頭の中の1頭として問題なく生活していますから、

他犬と信頼関係を結ぶ事が出来るんですけどね。


まぁ、ちょっと犬付き合いの下手な木綿ですが、

人間大好きで、家族にはベッタリな子なのでいいのかなって思います。


BB37FA32-243B-4D31-8FE7-2D9F388A3BEE.jpeg

ユエってば、イスに前脚かけて自分だけ目立とうなんて、、、

BE528DA0-7B6E-41DB-A907-FF5DA45DDF16.jpeg

そうそう、そんな感じでいいよ。



ニックネーム キース家 at 17:21| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

いつも心はフラットで

ちばわんでも何年かに一度、出るか出ないかの問題児(と思っていた)

木綿ですが、

もう、大きな困り事もなく、平和に我が家で暮らしています。

穏やかに暮らすための環境の配慮は少しだけ必要ですが、

重要なのは薬でもなく、厳しいしつけでもなく、人のあり方だと感じます。


犬は人間の出しているホルモンでその時の状態がわかるそうです。

怒り、恐怖、喜びなど、その時々で出るホルモンが違います。

緊張している時は、ミントタブレットを食べて誤魔化すと、

自分の緊張を犬に悟られないと教えてもらいました。


そんな訳で、私は犬の前でネガティヴな感情、

不安、恐怖、緊張などを抑えるように努力しています。

どんな事が起きても、動じる事なく心を平穏に保っていれば、

犬達へのネガティヴな感情の伝達を最低限に留められるからです。

これは、木綿の不安を感じやすい性質に対しては勿論、

リンカや明未夏のような「人間が苦手な犬」にも大切なのです。

感情の起伏が激しい人間は、人間不信の犬を不安定にします。


こんな感じで、人間の方こそ気をつけなくてはいけない事、

人間こそ変わらないといけない事があるのです。

我が家で預かり犬が平穏に毎日過ごせるのは、

人間のちょっとした気遣いと、先住犬達が醸し出す安定した雰囲気の

なせる技なのだと思っています。


木綿をはじめ、リンカ、雪、明未夏は穏やかな雰囲気のご家庭に

迎えて頂けましたらこの上ない幸せです。

どうかよろしくお願いいたします。

C24D1125-176F-44D6-B4E7-AB8BFE53BD34.jpeg

激しい雨でちょっと緊張の木綿。
でも、随分落ち着きが出ています。












ニックネーム キース家 at 15:44| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

あみちゃんの距離感

あみちゃんはゴハン前や姉さん犬達と遊んでいてテンションが上がると

気が大きくなり私に鼻でタッチしたり、ぺろっとなめたりします。

ちょっと木綿とオスワリの練習をしていた時、

ふとあみちゃんにも手からフードをもらえるかどうか、

確認してみようとたまたま私の真横で伏せていた天道くん越しに

手を伸ばしてフードを軽く放ったら、食べる事が出来ました。

普段の生活では後ずさったり、高速で通過するような至近距離なので、

手が動くのを目の当たりにするのは怖いだろうと思っていたのですが、

天道くんバリアがあったお陰で、恐怖が和らいだ様です。

あみちゃんは瞬時に「ゆみがこの状況で何が出来て・出来ないか」と

計算して、自分に害がないとの答えをだしたのでしょう。

逆に私も「あみちゃんがどの状況であれば、安心感を得られるか」

というのが分かったので、色々応用して「手は怖くない」という学習が

進むように努力して行きたいと思います。


このようにちょっとした状況の違いで、あみちゃんの距離感が違ってくるのは

面白いと思いませんか?


IMG_3216.JPG

スマホを向けるとこんな感じで警戒するのですが、
雪バリアがあるので、私の近くでも伏せていられます。




ニックネーム キース家 at 16:33| Comment(2) | 明未夏の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

なかよし動物フェスティバル2017

愛玩動物飼養管理士として、ユエとフィラとともが参加します。

留守番が長くなってしまうため、木綿も連れて行く予定です。

木綿と実際に会ってみたい方、24日日曜日、富里市で開催される

なかよし動物フェスティバルにお出で下さい。


お待ちしています。
ニックネーム キース家 at 02:47| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

「何も起きない」を学習させる

≪ 我が家の預かりっ子です この子達の家族になって下さい ≫

リンカ
http://chibawan.net/dogdetails/no1512-さや

雪(せつ)
http://chibawan.net/dogdetails/no2856-

木綿(もめん)
http://chibawan.net/dogdetails/no3212-momen

明未夏(あみか)
http://chibawan.net/dogdetails/no3542-amika



木綿やあみちゃんは割と「何か怖い事が起きるのではないか」という

アンテナを常に張っています。

それは危機回避本能から来ているのだと思います。

または過去の経験からかも知れません。

木綿の怖い事、それは留守番と悪天候。

留守番は短時間を毎日の生活の中で繰り返すことによって、

随分耐性がついてきました。

留守番の怖い所は「何かあった時に、人間に守って貰えないから」

という理由で、その中に悪天候が含まれると思うのですが、

それ以外に原因があるのかないのかは、私にはちょっと判断できません。

悪天候が怖い理由は、雷光、雨や風の音、気圧の変化等、

得体の知れない普段と違う刺激があるからだと思います。


ここで、強制的に止めさせるタイプのしつけは、

「犬が怖がったら、やらなくなるまで罰をを与える」のです。

この方法の悪い点は、怖い事が起きると罰を与えられるという、

ダブルで嫌な事がある点です。

よくやりがちなのは「怖がってて可哀想ね。よしよし。

抱っこしてあげるからね〜。」といつも以上に甘やかす。

この方法の悪い点は、人がいない時に起きると恐怖度が増幅するのと、

自発的な解決を望めない所です。

結果的に犬を苦しめるのではないかと思います。


それなので我が家では「何も起きない」を学習してもらう事にしています。

" 怖い雰囲気なんだけど、特に何も起きないから大丈夫 "

その事を木綿にも、あみちゃんにも教えています。

木綿は留守番と天候、あみちゃんは人間です。

その成果がきちんと現れて、木綿は劇的に変わりましたし、

(我が家に来る前は獣医で精神面の薬を処方され、

預かられてた訓練所でも望んだ結果を得られなかった)

あみちゃんもどんどん変化しています。

あみちゃんはまだまだ人間との生活に馴染む修業をしないとダメですが、

木綿はトレーニングが必須というほどではないと判断出来るほど、

我が家での状態はいいと思います。

それですので、木綿の募集文の「トレーニングの継続が望ましい」

という文言を削除してもらえるよう、お願いしました。


人間は犬に「いい子でいる事」を求めていると思います。

ですが、その犬の状態を見極めてじっくり向き合わない、

性急に解決を求めると、失敗する事が多いです。

苦手な物、出来ない物をすぐに出来るようにというのは難しいのです。


IMG_3172.JPG

台風接近直前の木綿。穏やかに寝ています。
だけど、さすがに直撃した夜は、、、。
落ち着きがなく、私もゆっくり眠れませんでした。汗















ニックネーム キース家 at 18:58| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

雪(せつ)マジック、再び

《我が家の預かりっ子です この子達の家族になって下さい》

リンカ

雪(せつ)

木綿

明未夏



雪(せつ)、木綿の犬らしさを引き出すというスゴイ技を見せてくれましたが、

またまたイイ仕事、してくれました。

あみちゃんの前で、私と雪で楽しげに遊んでいたら、

何と、一緒に参加しようと近づいてきたのです。

あみちゃんの事、見えてないよ〜という素振りをしていると、

私のふくらはぎや肘に鼻タッチまでしたのです。

これはもう100パーセント雪のお手柄。

雪はいつまで経ってもお子様で、成長しないと思っていたら、

全然!! とても立派に成長してました。

雪のしつこさがいい塩梅で木綿にもあみちゃんにもいい影響を

与えてくれたようです。

あみちゃん、いいお姉さんがいて良かったね。

IMG_3135.JPG

あみか「雪ねえさんが楽しそうにニンゲンと遊んでる?!」

IMG_3146.JPG

あみか「側にいても襲って来ないみたい。」

IMG_3155.JPG

雪「そうだよ、ゆみとともは全然へーきだよ!」
ニックネーム キース家 at 20:42| Comment(0) | 明未夏の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

なんだか仲良し?

雪(せつ)と木綿ですが、完全に意気投合したようです。
いつもは雪から木綿にちょっかいを出していたのですが、
木綿からも雪にちょっかいを出すようになりました。

性格的に絶対に合わないと思っていたのですが本当に不思議です。

ワンコってすごいなと本当に思います。

IMG_217.jpg

IMG_216.jpg

IMG_219.jpg
ニックネーム キース家 at 16:53| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

あみかのレベルアップ

あみちゃんの状態が良くなって来たので、今は、
あみちゃんのサークルはいつでも出られるように扉を開けています。
もちろん部屋は戸締りをきっちりして脱走できないようにしています。
なぜ扉を開けっ放しにしておくかというと、
あみちゃんのペースでサークルの外に出てもらうためです。
ビビリの子の場合、ほとんどの子が自分のスペースから出て来ません。
ここで、無理やりそのスペースから出すと、
怖い思いをして外に出されたので、外=怖いというイメージがついてしまい、
外に出ることを余計に怖がってしまいます。
実は散歩も同じ原理で、無理やり散歩に連れて行くと、
怖い思いをして散歩に連れて行かれるので、
散歩=怖いになってしまい、余計に散歩に行けなくなってしまいます。

ではどうするかというと、我が家では自分でサークルの外に出てくるまで 、
散歩に行きたがるまで 「待つ」事になります。
この待つがとても大切な時間で、
その子によって長くかかってしまうかもしれませんが、
この待つ期間を作るか作らないかで、その後の接し方が全然変わって来ます。
自分で外に出る場合、自分で納得して出て来ます。
多少、外で怖いことがあっても、自分の意思で出て来ているので、
怖さの克服が早いです。
それを無理やり外に出して、外で怖いことがあると、
外に出した人間のせいになります。
散歩も同じことが言えます。

ではどのように外に出すかというと、
我が家では先住犬達といっしょに、普段通り生活しているのを
見てもらうだけです。
あみちゃんを意識しません。普通にいない時と同じように生活します。
先住犬達が楽しそうにしているのを見ていると、自然に興味が湧いて来ます。
興味が湧くと自分から確かめに来ます。これが外に出るになります。

あみちゃんも、1日に何回かサークルから出てくるようになりました。
今日は、ご飯の準備をしていたら、もちろん先住犬達が嬉しそうに、
騒ぎ出したのを見て、静かに出て来て、
外においてあるペットシーツの上で、きちんとトイレだけして、
急いで自分のサークルに戻っていました。
他の部屋で先住犬と遊んでいると、そっと覗きに来て、
すぐに戻っていました。
ここで重要なのは、あみちゃんが出て来ても
リアクションをしないということです。
ビビリの子は、自分に注意が向くこと、視線があることすら怖がります。
知らんぷりすると外に出ても怖いことがなくなるので、
徐々に滞在時間や回数が増えていきます。

サークルの外に出られるようになると、今度は散歩に行く時、
先住犬達が嬉しそうにすると思うので、
自分も行きたいと意思表示して来ます。
ここで初めてリードやハーネスになります。
散歩にはリードやハーネスをつける必要があるので、
散歩にいくにはリードやハーネスをつけないといけない。
だから自分の意思でリードやハーネスをつけることを許可してもらいます。

時間がかかるかもしれませんが、自分の意思で克服するので、
逆戻りしにくくなります。

人間も一緒ですよね。
嫌いな教科を無理やり嫌々勉強するより、好きだったり、
自分で必要と思った教科の勉強では、
どちらが効果があるかわかると思います。

あみちゃんも、サークルの外に興味を持って来ているので、
きちんとレベルアップしています。
しかもトイレはペットシーツの上でできるなんて。
あみちゃんの成長が楽しみです。

IMG_215.jpg

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(2) | 明未夏の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする