我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2017年06月03日

他犬との関係

木綿と他犬との関係ですが、本当にダメなのか?
事故にならないように、夫婦揃っている時しか試せないため、
考えた挙句、夜の散歩の時にパラレルウォークを試すことにしました。
一人が木綿、もう一人が別の仔を連れ、
安全な距離を保ちながら一緒に散歩するというものです。
争いになると逆効果になってしまうので、
ワンちゃん同士が絶対に争いにならない距離を保ちながら、
2人で距離の調整をする必要があるのですが、
上手くいくと仲間意識が芽生えたりして、相性が良くなったりします。

木綿の相方は、我が家の先住犬のユエにお願いしました。
ユエは女性陣のリーダーで、面倒見が良く、
預かり犬の教育をいつもしてくれます。

早速スタートすると、木綿がユエの後ろをずっとついていきます。
横には並ぶものの前には絶対に行かず、
ユエと離れすぎると急ぎ足になり、ずっとついていきます。
ユエは慣れているので、普通に散歩をしているだけなのですが、
怖がりの木綿は、ユエに頼り切って離れないように散歩をしています。
初日からこんな感じで、当然、回数を重ねればさらに良くなり、
楽しそうに散歩をしています。

木綿、他犬との関係も、過干渉のワンちゃん以外大丈夫なようです。
もちろん相手のワンちゃんにもよりますし、
トレーニングをすることが前提ですが、
本当に他犬がダメな仔は最初からここまで出来ません。

木綿、結構、優秀じゃん!
木綿ができることに、また一つ加わりました。

後ろをくっついて歩きます。
IMG_2816.JPG

暗いためブレてしまいましたが、
2日目には、横に並んで楽しそうにユエを見ながら散歩してます。
IMG_103.jpg

ニックネーム キース家 at 17:20| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

もしかしてラブなの?

木綿の破壊活動ですが、目を離した隙に行うのは、
今はほぼペットシーツ2から3枚程度。
たまに、床の敷物を噛み噛みします。
我が家に来た当初より、かなり落ち着きました。

ちょっと待って?これって、ラブなの?
木綿がラブミックスだとすると、
なる程と合点がいきます。

多分、ラブの飼い主さんなら、このくらいの破壊活動は
あるあるなのではと思います。

そう考えると、木綿の行動は仕方ないのかなと思えてしまいました。
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

道でばったり

最近の散歩は、ユエ・リンカ(預かり犬)・雪(預かり犬)の高速組、

リゲル・タイガ・天道・フィラのゆっくり組、

木綿と3組に分けています。

高速組とゆっくり組は同時に家を出て、その後木綿となります。

いつもみんな同じコースを進むので、途中で会う事はないのですが、

昨日はゆっくり組のリーダーのリゲルが、途中でUターンすると

言い出したので(我が家ではリゲルの意思が尊重されます)、

後から来た木綿&私と鉢合わせ。

私はまさかみんなが戻って来ているとは思わず、

木綿の「誰か、こっちに来てる!!」という仕草で警戒して、

慎重に歩いていたのですが、すれ違いに聞き覚えのある声が。

フィラと天道の声でした。

フィラは「何で、アンタがゆみと一緒なのよ!!」という文句、

天道は「誰だ!! オマエ!!」とちょっと警戒の声。

木綿は意外とあっけらかんとしていて、

「あ〜、知ってる子たちがいるぅ〜。」的な感じで、

嫌がる素振りはなかったです。

そろそろ少しずつみんなとの接触を試みてみようかな。

みんなと別れた後、いつも通りに散歩を続けていたら、

運悪く雨が降って来てしまい、ずぶ濡れに。

早く帰りたかった私は、急いでいたら、

木綿が何を勘違いしたのか「ねえ、走るの〜、私得意よ!!」

とテンションが上がり始めたので、

「違うよ〜、早く帰りたいだけだよ〜。」と心で思いながら、

慌てて帰って来ました。

家では、雨音がするといつもよりちょっとだけ落ち着かない感じで、

やっぱり苦手なのかなと思いました。


2日前に、やむ終えず3〜4時間ケージレストの留守番をしてもらいました。

特に問題もなく、お利口にしてくれていました。

それなので「単発で3時間前後の留守番をケージで出来る」と、

言ってもいいのかな?

毎日とか、もうちょっと長くとかはさせたくないです。

「留守番は出来ない」と言われていた木綿が、

頑張ってくれているのだから、その頑張りに報いるのなら、

なるべく長時間の留守番をさせない事が大切だと思います。

とは言え、我が家では全く留守番がないわけではなく、

朝晩の送り迎えの40〜50分と、先住犬の散歩時間は、

ケージなしで留守番しています。


木綿が来てはや2週間、生活のリズムやルールも大分理解出来てきて、

精神的にも落ち着いて来たのではと思います。



IMG_2783.JPG




ニックネーム キース家 at 18:39| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする