我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2017年09月03日

お手柄だよ雪(せつ)

木綿は他犬との折り合いというか、
犬同士のコミュニケーションの取り方がそもそもわからないようです。
雪(せつ)は木綿と年齢も近いため、最初は意識していたのですが、
ここにきて木綿と遊びたくなったようです。
雪はしつこく遊びに誘うのですが、
木綿はどうしていいのかわからずいつも戸惑っています。

他の我が家の先住犬達は、多頭に慣れているので、
木綿との距離感や、過度に干渉しないなど、上手に接してくれています。
ですので、先日もブログに書いたように、
雪は木綿の天敵とも言える性格になります。

相変わらずしつこく木綿にちょっかいを出す雪。
いつものように本気の喧嘩にならないように見守っていたところ、
なんと木綿が雪の遊びに応じてプロレスを始めました。
雪のしつこさが木綿の心の扉を開いたのです。
翌日も2頭で追いかけっこをしていました。
なんか急に木綿が犬らしくなってきました。

雪の遊びのしつこさは、挑発的なのでいつも怒られているのですが、
今回ばかりは、本当にお手柄です。

雪、ありがとう。
我が家のワンコ達はいつもサポートをしてくれるので、
本当に助かっています。

IMG_206.jpg


ニックネーム キース家 at 15:26| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

啓蒙活動のお手伝い その3と4

またまた木綿に我が家が参加している
啓蒙活動のお手伝いをしてもらいました。

一つ目は8/19に行われた東葛の愛護センター主催のふれあい広場で
7月に行われたものと同じです。
ここで前回同様、ユエと一緒に参加してくれた子供達に、
犬との触れ合い方から、トレーナー体験をしてもらいます。

二つ目は8/27に行われた流山市主催の防災訓練で、
犬との同行避難を行うためのハウストレーニングのデモを、
ユエとフィラと、今回は木綿にも手伝ってもらいました。

我が家が参加している理由の一つに保護犬のアピールがあります。
愛護センター出身のユエ、フィラ、木綿が活躍する事で、
来場者の方の保護犬への偏見をなくし、
ワンちゃんを家族にするときの選択枠に
保護犬を入れてもらうという事です。

今回も木綿は、先輩のユエ、フィラと同じように、
沢山の来場者、特に子供達に囲まれても、きちんとお行儀よく、
触れ合いのお仕事をしてくれました。

あとで聞いたのですが、流山市の職員さんのところに、
「あんなにいい子になるなら保護犬の里親になることを検討したい」
という問い合わせが実際あったそうです。
このお話を聞いたとき、涙が出そうなくらい本当に嬉しかったです。

今回もユエ、フィラ、そして木綿の頑張りで、
来場者の方に保護犬のすごさをアピールできました。

ユエ、フュラ、そして木綿、本当によく頑張りました。
あなた達の頑張りがメッセージになり、
本当の家族を待っている多くの保護犬達の命を守ることにつながっています。
3頭の活躍が本当に誇らしかったです。

〈ふれあい広場の画像〉
始まるよ〜
IMG_192.jpg

仲良く給水中
IMG_193.jpg

貫禄のユエ
IMG_194.jpg

木綿も笑顔
IMG_196.jpg

仲良く休憩中
IMG_197.jpg

得意のドヤ顔
IMG_195.jpg

〈防災訓練の画像〉
沢山の子供達に囲まれても
木綿はきちんとお行儀よく触れ合い体験をしてくれました。

IMG_199.jpg

IMG_200.jpg

IMG_201.jpg

IMG_202.jpg

IMG_203.jpg
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

いろいろやってみよ〜っと

昨日、今日でお天気がイマイチ。

台風が太平洋を通過しているみたいだし。

木綿のメンタルもイマイチで、そわそわ・そわそわ。

雷は鳴っていないけれど、家の中を意味もなく歩いています。

天候の悪化によって怯えるのには、幾つか理由があるそうで、

雨や風の音、気圧、湿度、明るさ・暗さ、静電気などなど、

もしかしたら、雨の降り始めからもうすでに「雷が鳴る」と

予測して怖がっている事もあるそうです。

「音は再現可能だから、脱感作で克服のトレーニングをしてみたら?」

とありがたいお言葉を頂いたので、音源を集めて試してみようと

思います。

犬にとって、その恐怖の原因の正体がわからないから、

余計に恐怖が増すとの事なので、だから雷が鳴っている時に

外に出たがる犬もいるんだな〜と、合点がいきました。

「今までの怖い音、実はこの楽器で出してました〜」なんて、

ウソついて怖さを和らげてあげられたらいいんですけどね。

とりあえず、出来そうな事は、

・音を聞かせての脱感作
・サンダーシャツを着せる
・除湿して湿度を下げる
・テレビの音を大きめにする
・環境音楽のCDでスコールの音が収録されているのをかける

こんな感じでしょうか。

よく、トレーニングの先生が仰るには、

「仔犬の頃に雷が怖くない犬でも、成犬になると怖くなる事がある」

そうなので現在怖がっていなくても、

雷が鳴る季節にはとびっきり美味しいオヤツを用意して、

雷が鳴り出したら、オヤツをあげるという、

「雷イコール美味しいオヤツ」と印象付けをしておくと、

雷が鳴っても平気でいられることが継続出来るので、

是非試して欲しいと思います。


これから、木綿も頑張ってみますね。

IMG_3033.JPG

木綿「お天気が悪いと、私もこんな顔になっちゃうの。」






ニックネーム キース家 at 20:49| Comment(2) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする