我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2016年02月17日

リンカが変!!

1月下旬の事でした。

昼頃、リンカがまるで酔っ払いのようにふらふらと千鳥足で、

部屋を移動して、バリケンに逃げ込みました。

ここで慌てるとリンカにストレスを与えてしまうので、

見ていなそうに振るまいつつ、観察していると、

ものの10分くらいで普通に戻りました。

私は今までてんかん発作は見た事がないので、

てんかんとかどうか判断出来ないし、

前庭障害ともちょっと違うような、似ているような、、、。

悩んでいても仕方ないので、大事をとって病院へ。

一般的な血液の生化学検査と甲状腺の検査を勧められ受けましたが、

特に問題はありませんでした。

一体、何だったんだろう、、、。

現在は経過観察という所なのですが、

全く問題なく元気に過ごしています。

一過性ものでありますように、、、。

image.jpeg

リンカは天道くんが大のお気に入りです。

天道くんは鬱陶しくて、鬱陶しくて、最初は追い払っていましたが、

今は根負けして渋々許可しています。

可哀想な天道。(-_-)


ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | リンカの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

リンカの散歩中の様子



小鳥のさえずり???

リンカが何故こんな声を出しているかと言いますと、

私の解釈では「あなた達、早く来なさいよ!!」と、

喝を入れているのかと思います。

夫の休みの日の散歩は、私チームと夫チームに分かれるのですが、

夫チームはペースが遅いので、リンカチーム(私)と距離が開きます。

そうなると、あの声でみんなを呼ぶのです。

賑やか過ぎるリンカですが、リンカの内面をもっと引き出すため、

まだまだ見守って行こうと思います。
ニックネーム キース家 at 01:03| Comment(0) | リンカの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

こんな感じに

リンカちゃん、まだ手で触れないけれど、

こんな感じになってます。

image.jpeg

画像の右端が私の左ももで、リンカがくっついて寝ています。

特筆するべき事は、食べ物で釣っているわけでなく、

自らの意思で選んでいる所。

手の方も、近い将来克服出来ると願っています。

触られる事自体、好きではないのだけれど、

手で触るよりも足で触る方が抵抗感がないみたいです。

それから考えると、手がどれだけ怖いのか、嫌いなのか、

理解して頂けるでしょうか。

「手が怖い」というのを除けば、可愛くて、楽しくて、

見ていて飽きない魅力的な子なのです。

まだまだ伸びしろもあり、可能性を秘めています。

「犬ってモンは、こうしとけばいいんだ」とか、

「人間に撫でられていたら、喜ぶんだよ」という、

押し付けの犬像、人間の勝手な解釈の幸せを強要をせず、

リンカの心の声を受け止めて下さる方に、

リンカの家族になって頂けると、リンカも幸せに暮らせると思います。


image.jpeg

リンカ「ワタシってば、散歩得意なんだよね〜。
みんな遅すぎなんだけど〜。」

ゆみ「あの〜、申し訳ないんだけど、みんなにペース合わせてね。」
ニックネーム キース家 at 21:52| Comment(0) | リンカの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする