我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2015年11月20日

こんな感じに

リンカちゃん、まだ手で触れないけれど、

こんな感じになってます。

image.jpeg

画像の右端が私の左ももで、リンカがくっついて寝ています。

特筆するべき事は、食べ物で釣っているわけでなく、

自らの意思で選んでいる所。

手の方も、近い将来克服出来ると願っています。

触られる事自体、好きではないのだけれど、

手で触るよりも足で触る方が抵抗感がないみたいです。

それから考えると、手がどれだけ怖いのか、嫌いなのか、

理解して頂けるでしょうか。

「手が怖い」というのを除けば、可愛くて、楽しくて、

見ていて飽きない魅力的な子なのです。

まだまだ伸びしろもあり、可能性を秘めています。

「犬ってモンは、こうしとけばいいんだ」とか、

「人間に撫でられていたら、喜ぶんだよ」という、

押し付けの犬像、人間の勝手な解釈の幸せを強要をせず、

リンカの心の声を受け止めて下さる方に、

リンカの家族になって頂けると、リンカも幸せに暮らせると思います。


image.jpeg

リンカ「ワタシってば、散歩得意なんだよね〜。
みんな遅すぎなんだけど〜。」

ゆみ「あの〜、申し訳ないんだけど、みんなにペース合わせてね。」

ニックネーム キース家 at 21:52| Comment(0) | リンカの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

リンカ 進化

リンカは我が家にやって来て、あとひと月で1年になります。

随分変わったな〜と思います。

中でも私が一番嬉しかった変化は、

『感情表現が豊かになった事』です。

最初の頃は「窺う」「驚く」「怖がる」「逃げる」だけでした。

今は「アンタ、誰? リンカちゃん?」と聞きたい位で、

散歩前はわざわざ私達の前にやって来て、

大きな声で「ワタシも連れてって〜!!」と叫んでアピールしたり、

私や夫の手の甲にチュッチュとキスしたり、

気配を消して、人の視線を避けるように生きていたリンカとは、

とても思えない変貌ぶりなのです。

おまけに、私が外から帰ってくると、必ず最前線で迎えに来て、

ニコニコと尻尾を振りながら私を見つめてくれるのです。

(その後、また逃げ回るのですが。苦笑)

ここまで変わってくれ、毎日楽しそうに生活している姿を見ると

感無量です。

ただ、どうしても人の手への恐怖が拭えなくって、

その辺りはまだまだ時間が必要だと思います。

リンカを迎えて頂くとしたら、

"触らない・正面から見ない・話しかけない" から

リンカとの付き合いを始められるご家族が望ましいと思っています。

そのような方法がリンカの望むコミュニケーションなのです。

そこから少しずつ関係を模索していく事が最良の方法です。

ちょっと個性が強いリンカを受け留める気持ちがないと、

人間側とリンカ側、気持ちの隔たりが大きくてお互いの幸せに

繋がらないでしょう。


先ずは、成長したリンカを連れて不特定多数の人が訪れる

いぬ親会にどれだけいられるか挑戦しようと思います。

そのような訳で11月の篠崎のいぬ親会に参加予定です。

リンカの事、離れた所からそっと応援して下さい。

よろしくお願いします。


image.jpeg


リンカ「ワタシのシアワセは単純じゃないの。」


ニックネーム キース家 at 23:55| Comment(0) | リンカの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

リンカ覚醒?

リンカ、散歩が自分自身のひとつの克服になったようです。
散歩の雰囲気があると、嬉しくなり、しっぽをぶんぶん振って、
小躍りして、普段は絶対に、自分からは近寄って来ないのに、
さりげなく、手に「チュ」としてきます。

ハーネスをつけることも、どんどん時間が短くなって来て、
いつも決まった場所でハーネスをつける様にしていたら、
散歩のときは、触られるのが嫌なのに、そこに必ず来て待っています。
でもまだまだ、つけるときは体は拒否しますが、
つけ終わるまでそれでもそこに居続けます。

リンカ本当にすごいと思います。
私達はリンカが克服出来るまで待っていただけで、
リンカは自分の力で壁を崩したのです。
ひとつの克服が、自信になったようです。

リンカ、どんどん成長しています。
いぬ親会に行けるのも、もうすぐかもしれません。

FullSizeRender11.jpg
散歩のときのリンカはものすごい笑顔です。

FullSizeRender13.jpg
リアラと挨拶、リアラは自分の方がお散歩リーダーだと思っているようで、
リンカがきちんと散歩出来ないと文句を言います。
面白い関係です。
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | リンカの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする