我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2015年02月11日

小さな楽しみ

天道の毎日の喜びは、、、ともが会社から帰って来る事です。

毎日、朝早くいなくなり、遅〜く帰って来るのですが、

必ず玄関で出迎えてくれます。

そして着替えに付き合い、、、じゃなくて邪魔して、

(大抵、我が家のタイガと一緒にともを囲みます。笑)

その後、ともの後頭部を念入りに舐めます。謎です。

以前はおもちゃで遊んでもらっていたのですが、

いつの間にか、そんな習慣になってしまいました。

今朝は普段着に着替えて出掛けて行ったので、

(日本と海外の動物法を徹底比較するシンポジウムに、

我が家代表として行ってもらいました。私は皆と留守番です。)

お休みの日で散歩に連れて行ってもらえると勘違いして、

喜んでいましたが、、、すぐに違うかも?と気が付き、

ショボンとしていました。(^_^;)

そして、ホントにお休みだった時の天道がコチラ。

喜びが爆発しています。


image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

ニックネーム キース家 at 19:14| Comment(0) | 天道(テッド)の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

海散歩&プチ贅沢

今日は海散歩と思ったのですが、いざ砂浜に行こうとしたら、

強風で砂が舞っていたので、角膜を傷付けてはいけないと思い、

手前の防潮林の林道を歩きました。

震災以前は真夏でも日光が遮られるくらいに生い茂る、

針葉樹が海岸沿いに続いた立派な林でした。

ですが、津波で塩水を被り、それが原因で立ち枯れてしまったようで、

今では当時の面影もありません。

その道をみんなで散歩して来ました。

帰り道、この辺りで美味しいと評判のうなぎ屋さんで白焼きを買い

減農薬で、味に自信があってコンデンスミルクを敢えて提供しない

いちご園でいちごを買い、

家で犬達と分け合って食べました。

みんなテンションが上がって、とっても嬉しそうで良かった!!

我が家のたま〜のプチ贅沢な休日でした。(^ ^)

(いちごは農産物の中でも、農薬を多用している作物なので、

日常的に与える事は避けましょう。)

image.jpg

見渡す限りこんな景色です。
荒れ果てた一角では、植林のための松の若木が育成されていました。


image.jpg

あれ! 天道くんはどこ? 映ってない!!

ニックネーム キース家 at 09:14| Comment(0) | 天道(テッド)の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

楽しい散歩が一転

お正月のある日、みんなと車でお気に入りの山に行きました。

年末年始、長期休暇もなく、犬達には寂しい思いをさせていたので、

喜んでもらおうと、ウキウキ気分で散歩して来ました。

みんなも程よく疲れて、帰り道にスーパーに寄って買い物。

買い物係のともと、お留守番の私と犬達。

いつもはのんびりと待っているのですが、その日は、、、。

スーパーの前に犬が繋がれていたのです。

飼い主は買い物なのか側にはおらず、

ずっと、哀しそうに呼ぶ犬の声が響き渡ります。

その声に反応したのが天道。

そわそわ落ち着きなく、ストレスを感じている事が見て取れます。

その後家に帰っても、何だかいつもと違っていました。

飼い主に置いていかれて悲痛な叫びをあげている犬に、

自分の体験を重ねてしまったのかと思うくらい同調してしまいました。

周囲のネガティブな雰囲気にすぐ染まってしまい、

尚且つ環境が変わっても、気持ちを転換出来ず尾を引く天道。

理想は自己解決出来る事なのですが、

自信が足りないのかな? 経験が足りないのかな?

まだまだ手助けが必要みたいです。


こんな時、どのように接したらいいと思いますか?

1.「ビビってるんじゃないよ!」と叱る

2.「おーよしよし、もう怖くなんかないよ。」と抱きしめる

どちらも正解ではないですよね。

2つのうちのどちらかだと思った人は、「人間に対しての場合」です。

「犬に対してするべき事」を的確に察知出来ないと、

コミュニケーション にギャップが発生して、

積もり積もったその先は、問題行動なんて事になり兼ねません。

人間が誤ったコミュニケーションをしても大丈夫なのは、

その犬の寛容さに助けられているだけで、

本当なら適切な対応の方が、犬にとっては嬉しいはずです。


・・・という訳で、天道くんは「適切かどうか」のジャッジが、

結構厳しい方です。間違いなく。

さやもそうなのですが、その場その場で「適切なコミュニケーション」

はどのようにするべきなのか、よーく考えて行わないと、

相互理解が難しいと思います。


「適切なコミュニケーション」の積み重ねが、

後々「信頼」に生まれ変わります、きっと。


image.jpg

天道「ボクが判定が厳しいと噂の天道です。

ねえ、ゆみ〜、判定って、何の審判?」

ゆみ「さあ、何でしょ?」
ニックネーム キース家 at 21:09| Comment(4) | 天道(テッド)の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする