我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2013年06月10日

リーサお見合いします

リーサ、今週中にお見合いする事になりました。
いつもリーサを応援して下さる皆様、ありがとうございます。
お見合い後、経過をご報告いたします。
それまで、お待ち頂けますと幸いです。

P1020093.jpg

ワタシ、シアワセになれるかな?

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | リーサの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

遊んでくれないの、、、

我が家には犬の家族がたくさんいます。
ですが、だれもリーサと遊んでくれません。

元々うちの先住犬は仔犬が苦手です。
キースなんて、過去仔犬に付きまとわれたせいで、
ストレスが極度に溜まり、倒れた経験があります。(汗)
それでなくても、家庭内アンケートをとったら、
「仔犬ニガテ」とか「鬱陶しい」などのネガティブな回答
ばかりになると思います。(苦笑)

唯一、遊んでくれそうなユエ・フィラの我が家ではギャルに属する
ふたりですが、
フィラは無関心、ユエはちょっとは興味がありそうなのですが、
体の大きさの差があり、躊躇しているみたいです。
かと言って、同じ大きさの八咫と布都も全く興味ないようで、
かわいそうなリーサ、結局人に甘えることしかできません。

なーんて、リーサは人大好きなので、特に気にする感じでもなく、
悲愴感もないので、心配しないで下さいね。
大人の犬には構ってもらえませんが、後脚の事を考えると、
これでいいのかもしれませんね。

P1020080.jpg

あ! リーサ珍しく誰かと一緒にいる。布都ですね。
ニックネーム キース家 at 10:47| Comment(0) | リーサの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

それぞれの事 リーサ編

最近のリーサです。

リーサはほぼ成犬と言えるくらい、成長しました。
色々心配な面はありましたが、自らの脚で立ったり、走ったり出来ますし、
食欲も旺盛、旺盛すぎて食糞まで、、、。(><)
今は見た目元気に毎日過ごしていますが、ハンデを持って生まれて来ました。
ですから、今後はどうなるのか、コーギーの平均寿命と言われる寿命まで、
全う出来るのか、、、不安な所はあります。
ですが、人間が色々杞憂しているだけで、本犬はとても前向きに生きています。
このまま、明るく前向きに生きていけるように支えて下さるご家族に
巡り会えたら、と思っています。
毎日の生活で気をつける事は、関節に負担を掛けない事です。
散歩は短時間で気分転換程度、アスファルトを避け、歩く場所は土か草の上など。
家では滑らない床材で、段差や障害物がないようにし、
活発に動き回るようでしたら、サークルなどでレストさせる。
そのような管理方法で関節の健康を守る事が、
リーサが自分の力でいつまでも歩けるように保つ秘訣だと思います。
それと、右目に逆さまつげがありますので、
よく観察し、定期的に獣医さんに抜いて頂く事が必要となります。
その他、定期的に健康診断、パッドの毛を切る事と爪切り、
そのような処置をして頂けましたら、健康に過ごせると思います。

目を覆いたくなるような劣悪ブリーダーの元、奇跡的に生きていたリーサ。
彼女の笑顔が絶えないようなご家庭にご縁がある事を願っています。

P1020055.jpg


ニックネーム キース家 at 01:17| Comment(0) | リーサの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする