我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2015年05月04日

リアラ退院

リアラの入院中、ほぼ毎日病院にお電話して、

リアラの様子を電話で教えて頂く事が私の日課です。

いぬ親会の日もそうしていたら、「火曜日退院出来ます。」と、

嬉しいお返事が。

そして月曜日、午前中に病院から連絡が。

「今日でも大丈夫ですが、どうしますか?」

リアラは一日も早くお迎えに来て欲しいはずなので、

迎えに行きました。

診察室にやって来たリアラ。

いつも通り魂が抜けている(?)状態なので、夫と私に気付きません。

一通り説明を受けていざ帰るという時、

リアラは入院している部屋に戻ろうとしていました。

心を閉ざして、入院中の毎日のルーチン通りに体を動かす。

ブリーダーの所で生活している時、思考を停止してそのように

生きていかなくてはいけなかったんだろう。

それだけ過酷な生活だったのだろうと想像しました。

リアラに声を掛けて外に連れ出すと、ようやく状況を把握し、

「早く車に乗せて」とせがんでいる様子でした。


リアラの病状、、、脚の方はまたひと月ほどで完治するでしょう。

ですが、一緒にお願いしていた乳腺腫瘍。

片側の乳腺を摘出したのですが、思ったよりも複数の腫瘍が見つかり、

逆の乳腺も全て取ることとなりました。再手術です。

病理検査で良性でしたら後々、悪性の場合は2ヶ月後と、

予定も決まりました。

次も1週間ほどの入院が必要だそうです。

リアラがまた長期入院するのは気が重いです。

ロボットみたいで、魂が抜けてるみたいで、

入院中リアラがそんなになってしまうのが、、、。

だけど、健康な体になるために、長生きしてもらうために、

あと1回、長期入院を乗り越えてもらわないと。

そして、それまでにリアラの心の静養をさせて、

万全の状態にしてあげないとと思っています。

image.jpg

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | リアラの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

リアラの状況 4/28

リアラは昨日の27日、手術を受けました。

右後ろ脚の靭帯に加え、乳腺のしこりの除去もお願いしました。

乳腺のしこりの方は、部分摘出の予定だったのですが、

今後も再発を何度も繰り返す可能性が高いもので、

その都度摘出をするよりも、片側の乳腺の摘出を提案して下さったのでお願いしました。


今日、リアラがどうしているかお電話させて頂いたのですが、

術後の血液検査も問題なく、心配なさそうです。

ですが、やはり食事を拒否しているようです。(汗)

食欲増進剤も適宜与えて下さっているようなのですが、

3度目の入院で大分慣れている筈なので、この状態です。

リアラらしい、、、。


この辺りがリアラが譲渡は難しいと判断した要因の一つです。

お試し生活を新しいご家族と新しい環境で始めたら、

体が弱ってしまうのではないか?といつも頭の中にありました。

そして、医療費の問題。

リアラはブリーダーでの7年の不遇の時代があり、

健康体とはほど遠い状態でしたし、精神的にも病んでいました。

体の方は、この先何度も大きな金額の医療費が掛かるだろうと予想していました。

ですが、高額な医療費を惜しまずに払って下さる方はいらっしゃるだろうか?

そう考えるといぬ親さんにご迷惑をおかけするより、我が家の方がいいのかと。


一般的にどんなご家族でもお約束して下さいます。「家族として一生守ります」と。

保護犬を迎えるのにあたり、将来の病気、身も凍るような恐ろしい脱走も、

実感が湧かないかもしれませんが、絵空事でも、他人事でもありません。

「私にも絶対に起きる事」です。

「私は絶対ない、大丈夫。」ではないのです。


リアラの場合、不安材料が多く、我が家での生活を続けて行く事が、

無理なく長生き出来る方法なのではと思ったので、うちの子にさせて頂きました。

私の価値観では「余生をどれくらい長く生きられるか」が一番大切なのです。

だから、仔犬・若犬達は元気に我が家を卒業してもらえれば、

その後の十数年の生涯は安泰だろうと楽観的に考えています。

(実際、仔犬・若犬のいぬ親さんは、皆さん大切にして下さっています。)

ですが、ある程度年齢が高い犬・病気がちの犬に関してはとても慎重に

なってしまいます。


「あなたの家よりウチの方が絶対に幸せにしてあげられる!!」という方からの

お問い合わせはウエルカムです!! 心待ちにしています。

どんなアクシデントが起きても、絶対に乗り越えると誓って下さる方でしたら、

天道くんでも、リンカちゃんでもお願いしたいと思っています。


注)我が家は安月給のサラリーマンで、薄給です。
  決してお金持ちではありません。


ニックネーム キース家 at 19:22| Comment(0) | リアラの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

リアラ再々入院

リアラの入院もとうとう3度目となってしまいました。

25日に病院に連れて行ったのですが、

今度は右後ろ脚の靭帯断裂との診断で、

昨年とは逆側の脚の靭帯が切れてしまいました。

昨年リアラが左後ろ脚の靭帯を断裂した時に、

ツイッターのフォロワーさんの愛犬が、

やはり交互に靭帯を断裂してしまったと教えて下さり、

ある程度覚悟はしていたので、まだ受け入れられたのですが、

病院で心を閉ざし、食事もままならないリアラを想うと、

1週間程度入院させるのは本当に辛いです。

悪夢の様な1週間が早く過ぎて、リアラを抱きしめたいです。(>_<)


image.jpg

早く良くなって帰って来てね、リアラ。

ニックネーム キース家 at 20:00| Comment(0) | リアラの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする