我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2016年01月23日

今度は前脚が!

リアラ、今度は右前脚が付けなくなりました。
前回の教訓から、脚の裏もきちんと見たのですが何もなく、
病院でレントゲンを撮ったのですが骨折もなく、
結局、原因は分からずじまい。
特定には、CTやMRIの検査をしなければならないことに。

一旦、投薬で治るか、試して頂いたのですが、
最初の薬はあまり利かず、次にステロイドを多めにしていたしてただいた所、
脚が付ける様になって来ました。

でもステロイドは神経系に利くそうで、
原因として神経系が疑われる事に。

ということで、また検査をするかの相談をしなくてはなりません。

精神的に弱いリアラ。
あまり無理をさせたくないので、本当に困ったものです。
P1030854.jpg

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | リアラの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

新年早々リアラの脚が!!

新年早々、リアラが脚を引きずっている!!

リアラは、昨年と一昨年に両後脚の靭帯を片方ずつ順番に断裂して手術をしています。
困った事は、入院するとリアラが精神崩壊してしまう事。
病院では、食欲増進剤を使ってようやく食べられる状態。
帰って来ても、元の精神状態に戻るまで、かなりの時間が掛かってしまいます。
しかも、今回また靭帯を断裂してしまうと、
その手術は難しくなり、一番困る入院期間も倍の2週間は必要と、
獣医さんから言われてしまいました。
リアラが手術でお世話になっている病院は、
難しい処置のときにお願いしている病院で、
とっても腕がよく、手術自体は全く心配していないのですが、
この入院が困ってしまい、新年早々、我が家はどんよりした空気でした。

早速、病院に検査に行くと、院長先生から「あれ?膝は問題ない!」と一言。
調べてみると、脚の肉球の間に、オナモミが縦に食い込んでいて、
毛に絡まって取れない状態になっていました。
オナモミをとると、リアラは普通に歩けます。
「良かった」そこにいた、院長先生、看護婦さん、みんなで胸を撫で下ろしました。
病院のみなさん全員、実はリアラの入院を心配していたのです。

折角行ったので健康診断をしてみると、
レントゲンで肺への癌の転移もなく、血液検査も問題無し。

本当に良かったです。

おウチに帰って来たリアラはホッとした表情。
リアラに何事もなくて、本当に良かったです。

FullSizeRender2.jpg
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | リアラの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

近況報告その1(リアラとアイラ)

更新ができず申し訳ありませんでした。

ご心配をお掛けしておりましたリアラのご報告です。
リアラですが、6/13に残りの乳腺の摘出をし、
無事、1週間後に退院しました。
病院のスタッフのみなさまには、とても優しくして頂いたようで、
怖がりのリアラも大分慣れて来ていて、
元気は元気なのですが、相変わらず食べられなかったようで、
また、やせて帰って来ました。
一番、気になっている癌の転移ですが、CTスキャンの結果、
リンパ節の腫れが何カ所かあるようで、今の所、
どちらとも言えないそうですが、
リアラの精神回復後に抗がん剤の治療が始まる予定です。

実はブログの更新が滞った理由は、我が家の先住犬のアイラです。
6/11にアイラの呼吸が急に苦しくなり、
急ぎ、リアラを診てもらっている君津の病院まで連れて行きました。
呼吸が今にも止まりそうな状態のため、検査できたのは、
レントゲンを1枚撮るだけだったのですが、診断結果は、肺がんでした。
肺の中は、腫瘍からでる水でいっぱいになっている状態で、
そのため、呼吸が出来なくなっていたそうです。
右前足にも腫れがあり、ここも骨の腫瘍ではとの事でした。
アイラは、高齢のため、血液検査等を行っていて、
つい先日も近所の病院で行って、異常なしとのことだったので、正直ショックでした。
手術等をすると、90%以上の確率でアイラの命が持たないとの事で、
肺の水を抜くための薬と、詳しい検査が出来なかったのですが、
一か八か、肺がんに効く抗がん剤を処方してくれました。
薬に利尿作用があるため、定期的にアイラをトイレさせるようにしなければならず、
介護のため、時間がとれなかったので、ブログの更新が出来ませんでした。

薬が効いて来たのか、お陰さまでアイラの呼吸は大分落ち着いてきて、
トイレの数も減り、起こすときだけ、介護が必要ですが、それ以外は、
散歩の催促もしますし、大分普通に生活が出来る様になりました。

昨年、同じ時期に、アイラの同胎犬のキースが天国にいってしまったので、
本当に、心配したのですが、アイラ頑張ってくれています。

ここでリアラにちょっとした変化が。
アイラの介護のため長時間、家をあけられず、
旦那一人でリアラの退院のお迎えに行ってもらった所、
男性恐怖症で、あれほど、逃げ回っていた旦那から逃げなくなりました。
というか、あまえに来るときもあります。
一番喜んでいるのは、旦那ですね。

アイラもリアラも大変だけど、いっしょに頑張ろうね。

DSC_0377_1.jpg
手術後のリアラです。

DSC_0382_1.jpg
今のリアラ、元気です。

DSC_0378.jpg
大分回復したアイラです。
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(2) | リアラの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする