我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2013年01月02日

キース家の方針

我が家には保護犬を迎える基準があります。

我が家に来る犬の半数以上は、止むに止まれぬ理由、
警察署からの保護要請、捨てられていて保護するしかない状況、
そのような経緯からの保護があるのですが、
積極的に保護犬を迎えに行く場合、必ず言う言葉があります。
「私は人馴れしていない子をケアしたいと思っています。
どの子を託して下さいますか?」という言葉です。
そうして託された子がフィラであり、リアラなのです。

そうするのにはキース家のある願いがあります。

「全ての犬に平等にチャンスを」という願いです。

保護される犬は、肉体的なハンデ、年齢的な事、体の大きさ、性格。
色々な点で振るいに掛けられます。
最終的に残れなかったから死に値するかといったら、
そんな事はないと思います。
どの子を生かすか苦渋の選択の中、決定されますが、
その中で、選ばれ難い犬のために我が家の保護枠を活かしたいと、
そのような方針で今まで頑張って来ました。

今回フィラの迷子の件があり、我が家の方針の在り方を考えました。
このままでいいのか、それとも普通に人大好きな子で容姿も無難な子を
保護するべきか、、、。
悩んだ末、結論を出しました。

やはり、人馴れが十分でない子だって、生きる権利はあります。
ただ、人間側にそういう子と暮らすスキルがあればいいのです。
フィラだって、リアラだって、我が家ではごく普通に暮らしています。
我が家で出来る事が、他の家で出来ない事はないと思います。
それなので、我が家の保護犬を迎えて下さるご家庭には、
(現時点ではリアラ)
「保護犬と暮らすスキル」をしつけ方教室で学んで頂く事を
譲渡の条件の一つに入れさせて下さい。
しつけ方教室に通う事は、時間もお金も必要です。
それをも厭わないご家庭からのお声かけをお待ちしています。

しつけ方教室は、D.I.N.G.O.または優良家庭犬普及協会の行うもの
とさせて頂きます。

犬の安全と幸せを守るためとご理解頂けましたら幸いです。






ニックネーム キース家 at 01:25| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

2013明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
昨年は、みなさまのご支援のお陰で、
沢山のワンコ達が幸せになることが出来ました。
ありがとうございます。

我が家も、みなさまのご協力のおかげで、
迷子になったフィラを無事に保護する事が出来ました。
これもみなさまの暖かいお気持ち、ひとつひとつの賜物です。
本当に感謝の言葉しかありません。

今年もキース家は殺処分0に向けて、
活動して行きたいと思います。

よろしくお願いいたします。

P1010530_1.jpg
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

昨年は、沢山の方々の支援のお陰で、素晴らしい出会いに恵まれ、
素敵ないぬ親さんに、我が家の預かり犬達を家族に迎えて頂けました。
本当に感謝の言葉しかありません。

本年もキース家一同、よろしくお願い致します。
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする