我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2015年06月29日

アイラの状態

アイラですが、当初より大分、状態が良くなって来ていたので、
6/28にアイラを君津の病院に連れて行きました。
それは、処方して頂いた、利尿剤と抗がん剤が
きちんと効いているのか確認するためです。

早速レントゲン撮影をした所、前回は溜まった水で真っ白だった肺が、
なんと、透明になっていました。
つまり、肺に溜まっていた水が抜けて、
空気を入れられる様になり、呼吸ができるようになっていたのです。
ただ、レントゲンには、肺に無数のボツボツが。
このボツボツが癌だそうで、水が抜けたため、
ボツボツがよくわかる様になりました。

今度は、このボツボツが抗がん剤で小さくなるのかがポイントになります。
ということで、引き続き投薬を続ける事になりました。

アイラは、ちばわん発足時の、多頭飼育崩壊現場から、
当時のちばわんスタッフの方に、同胎のキースとリゲルと
いっしょに助けてもらった仔です。
最後まで保護出来ず、一番、命の危険があった仔です。
その後も病気等あり、何回も命の危険に
関わりそうなことを乗り越えて来た仔です。
今回も、たまたま別の件で休みを取っていたため、
遠くの病院まで連れて行けましたが、
もしこの病院に連れて行くのが1日でも遅かったら、
もう命がなかったかもしれません。

本当に運の強い仔で、生命力のある仔だなと感心しています。

7月下旬に、私達が決めたアイラの14回目の誕生日があります。
いっしょにお祝いすること、それが、まず最初の目標です。


image.jpg

ニックネーム キース家 at 01:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

香取の鹿苑 お手伝い

1月11日、新年になって初、鹿苑のお手伝いでした。

もう11日なので、世の中も通常通りだろうと思っていたら、

香取神宮に辿り着くまで大渋滞!

まだまだ新年の参拝客が沢山訪れていました。

何とか鹿苑に到着。

鹿が大好きと聞いたので、ウチの庭木のクロガネモチの枝を剪定して、

「今年もよろしくお願いします」という気持ちを込めて、

捧げて来ました。

鹿達の最初のリアクションが「何、これ?」という、

怪訝な雰囲気だったのですが、

数分後には無くなっていたので、喜んで頂けたのかな?

その様な訳で、我が家の初詣は香取神宮の鹿苑でした。(笑)

この日は、鹿苑に付けた屋根に雨樋を付ける作業と、

鹿達のゴハンの給餌と汚れた敷き藁を回収して、

清潔な藁に交換してあげることです。

男性陣は雨樋を付ける作業。

女性陣はゴハンと藁係といった役割分担で、

無事に日暮れまでに終えることが出来ました。

鹿苑のぬかるみも、有志の根気強い作業によって改善され、

鹿達ものんびりと横たわれるまでになりました。

満足そうな雰囲気を醸し出している鹿達を見ると、

本当に充実した気分になり、私も嬉しいです。


image.jpgimage.jpgimage.jpg


ニックネーム キース家 at 20:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

香取の鹿苑 土壌改良のお手伝い 3

昨日は雨がだいぶ酷かったので、

地面はどうなったか、かなり不安だったのですが、

私が行かない日も皆さんの頑張りで、

少しずつですが、改善の兆しが、、、。

と言っても人海戦術なので、本当に少しずつです。

集まったわずかな有志だけでの作業なので、

気の遠くなるような果てしない作業ですが、

それでも鹿達が安心して生活出来るようになる事を目標に

こつこつ頑張っていきたいです。


image.jpg


image.jpg
ニックネーム キース家 at 18:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする