我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2017年07月28日

みんなと合流

我が家では必ずトラブルが起きても対処出来るように、

私ととも、2人が揃っている時にしかお散歩デビュー等の重要な事は

決行しません。

新規の預かりっ子のリビングデビューも然りです。

今は無人の時間(留守番)が限りなく少ないよう、

2人が入れ替わり立ち替わりで仕事を持っているので、

その様な時間を作るのがとても難しく、躊躇していましたが、

ようやく木綿を我が家の群れに合流させる事が出来ました。

結果としては大成功です。

前々から散歩に同行したり、顔を合わせる機会があったのと、

匂いや生活音でお互いの存在を認識していたので、

お互い過剰に驚いたり、怒ったりの反応はありませんでした。

木綿は犬達をかまうでもなく、人間にべったりするでもなく、

場に溶け込む努力をしていて、なかなか良かったと思います。

ウチの犬達とリンカ&雪も、穏やかに距離を置いてくれました。

たま〜に居場所の主張(どちらに権利があるか)とか、

たまたま誰かと接触してビックリしてたりとか、

そんな小さな出来事はありますが、

逆に木綿にはみんながリラックスしている様子を見て、

自分もリラックスして過ごせる等のメリットがあるのです。

どうすれば楽チンに過ごせるかというノウハウを

みんなから盗んで欲しいと思います。

これからの留守番は、家を出る前にまた木綿部屋に入ってもらい、

ひとりで留守番してもらう予定なので、

良い方?悪い方? どう転ぶか、、、。

どうなったかは、追い追いご報告します。


静かにスヤスヤ寝ている木綿を見ていると、

「いぬ親さん、預かり先緊急募集!!」なんていう時期が、

全く嘘のようです。


後は、どんな木綿でも丸ごと愛してくれるいぬ親さんが現れるのを

待つだけ。

8月はいぬ親会に参加予定はなく、9月もいつ行けるかな?

という感じですので、木綿と会ってみたいな〜というかたは、

ご連絡下さいね。


そして、木綿一辺倒でしたが、預かりっ子のリンカと雪も、

本当の家族を待ってます!!

是非アンケートを頂けましたら幸いです。


預かりっ子3頭の誰かが巣立ってくれたら、我が家も次の子を

引き出せます。

幸せな子を送り出して、苦しんでいる子を何とかしてあげたい、、。


IMG_2995.JPG

和室の座卓の下に潜り込む木綿
狭い所が落ち着く?

IMG_2997.JPG

リビングのローテーブルに潜り込む木綿
狭い所が落ち着く?!

IMG_3002.JPG

和室の角っこの敷物の上で寛ぐ木綿
雪が邪魔に入っています



ニックネーム キース家 at 19:05| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]