我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2016年11月23日

もも、いぬ親さまが決まりました。

実は10月9日からお試し生活をしていました、
ビーグルのももですが、正式譲渡が決定しました。

ももは、希望者様から戻ってくること2回。
今回は3回目のお試し生活でした。

今回の希望者様は、亡くなられた先住のワンちゃんも、
ももと同じく咬むという行動があったビーグルで相当苦労されたそうです。
でも、一緒に乗り越えられたそうです。
今回、ももの募集文を見て、先住ワンちゃんとオーバーラップされたようで、
熟慮の末、お見合いのご希望を頂けました。

お見合いも、ものすごく慎重にされていて、ももの状態を見るため、
そして自分達との相性を見るため、何回でもお見合いするという覚悟で
ご連絡頂けました。
実際には、2回目のお見合いの時、希望者様と会うなり、
ももが飛びつく勢いで再会を喜んでいたため、
結果2回目のお見合いの後、お試しのご連絡を頂けました。

先住のワンちゃんの経験からか、咬まれない距離感や、
咬みそうな感情の変化にも、自然に反応されていて、
ももへの接し方もものすごく上手でした。
このご家族がだめだと、ももは行く先がないのではと思う位でした。
なので、正式譲渡のご連絡を頂けた時、ものすごく嬉しかったです。

とても優しくて、勉強熱心で、改善のためにいろいろ工夫して頂けるご家族で、
お留守番の無駄吠えがあっても、私達のアドバイスもきちんと実践され、
いろいろな方法を試してくれた結果、改善できたそうです。
もものことを本当に大切にしてくれていることが伝わって来ました。

いぬ親さま、これからも、ももをよろしくお願い致します。

ももを応援して頂いたみなさま、ありがとうございます。
もも、やっとやっと幸せになれました。

P1040040.jpg

P1040041.jpg

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | ももの日記(お手伝い) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]