我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2016年06月05日

ももの状態

我が家で3週間。
ももの様子はというと、ほとんど変化無しです。
「咬む」ような動作、兆しはなく、
「吠え」もチャイムなどで吠えても数回で止まります。
日が暮れると寝てしまう為、
夜遅く帰って来たときの「吠え」も今の所ありません。

トイレも、ももがずっと使っていたケージと、
もう一つ大きなケージを用意しておいた所、
大きなケージの方をトイレにしてくれて、失敗なく、
大も小もそこでしてくれます。
このケージは下が網になっていて、
トイレシーツの交換が引き出し式で出来る物なので、
シーツの交換がとても簡単に出来て助かっています。

寝るときは、ずっと使っていたケージで寝ています。
リードの脱着、首輪の付け替えも特に問題なく出来ています。

遊びで使うコングは、持って来てと言うと、
持って来てくれて足元に置いてくれます。
食事のお皿のかたずけも問題なく出来ます。
物への執着はないようです。

散歩も多少の引っ張りはありますが、それ以外は特に問題ないです。
他の犬や、猫等には一切興味を持たないようにしているようで、
近くに来て、吠えられたりしない限り、気にしないようにしているようです。

留守番もきちんとしてくれていて、
5時間ぐらい家をあけても大人しくしているようです。

気になるのは、トレーニングで違った行動をしてしまったときや、
ちょっと怖い事があると、ケージや部屋の隅にいって、
オスワリをして、片方の前脚をあげます。
これは、怖がっているポーズで、緊張している時に行うシグナルです。
よく見ると小刻みに震えているときがあります。
もしかすると、訓練所で違った行動をした時に罰を与えられ、
それが忘れられずに残っていて、反射的にこの行動がでているように思います。
この行動が出たときは、無理せず、そのまま立ち去ります。
ここで深追いすると、反射的に咬む行動が出る可能性があるためです。

これが我が家での現在のももの状況です。
今、我が家で実践している、きちんとした距離をとって接する事ができれば、
ももは問題行動を出さずに生活出来るように思います。

散歩の様子です。アイコンタクトがきちんと出来ます。
IMG_0190.jpg
※リードは重なってしまっているので分かりにくいですがダブルリードです。

ニックネーム キース家 at 21:55| Comment(0) | ももの日記(お手伝い) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]