我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2016年05月06日

恒例の健康診断

高齢になってきた我が家の先住ワンコ達。
ということで恒例の健康診断に行って来ました。
本日健康診断をしたのは、
リゲル、ユエ、タイガ、フィラ、リアラ、天道(テッド)の6頭。
大所帯の我が家は健康診断も一大イベントなのです。

今回は、いつもお世話になっている君津の病院で、
血液検査と、アイラの件もありレントゲン撮影をしました。

一番気になるリアラ。リアラの癌の転移は今回も見られませんでした。
でも今年推定11歳のリアラは、老年性の背骨の変形がみられ、
検査の中では、我が家で一番年齢がいっているとのこと。
リアラは、免疫力も弱く、ここのところの気温が上昇で、
収まっていた皮膚の荒れもまた再発。
こちらは飲み薬と塗り薬を処方してもらいました。

次にタイガ。タイガも今年推定10際。
タイガはフィラリアの治療をしたのと、
最近体力が落ちて来ているようなので、心配していたのですが、
若干の心臓の肥大はある物の心配無しとの事。

次にユエ。ユエも今年で推定10歳。
でもものすごく若いらしく、検査的にも全然10歳にみえないとの事。

次は我が家最高齢のリゲル。
今年15歳になるリゲルも、とても心配していたのですが、
こちらも全く問題無し。検査的にも、とっても若いそうで、
リアラにみられた背骨の変形もないそうです。
まだまだ長生きして欲しいので、とても嬉しかったです。

次はフィラ。フィラはまだ推定5歳。
我が家で一番若いので、もちろん問題無し。

最後に天道(テッド)。天道も今年で推定9歳。
35kgの大型犬の天道は、10歳ぐらいから
年齢とともに一気に病気が進行したりするので、
こちらも心配していたのですが、特に問題無し。
ビックリしたのが、採血も全く無抵抗。
さらに他の仔が抵抗して時間がかかっていた、レントゲン検査も、
すんなり検査終了。
あまりの優等生な態度に、天道へ行っていた人間との信頼を築く為の、
陽性強化トレーニングの成果が出たようで、とても嬉しかったです。

ちなみにリンカは付き添いで、先日起きた発作について、相談しました。
やはり原因究明には、様々な検査が必要との事で、
次回起こった時に、投薬をするか、検査をするか再度相談する事にしました。
ただリンカは、得意のさえずりで迷惑をかける始末。困った物です。

今回、特に問題なかった我が家。
昨年のアイラのこともあったので本当に良かったです。

行儀良く検査してくれたご褒美に、帰りに高滝湖のPAの展望台によりました。
楽しんでいたようなので良かったです。

癌の転移がなかったリアラと、年齢よりかなり若いと言われたユエ。
FullSizeRender.jpg

一番行儀がよかった天道(テッド)と、フィラリアの影響がなかったタイガ。
FullSizeRender2.jpg

ニックネーム キース家 at 23:25| Comment(0) | 天道(テッド)の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]