我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2015年09月03日

アイラ一進一退

我が家の先住犬のアイラ。
相変わらず一進一退が続いています。

肺癌のため、肺の中に腫瘍と水がたまってしまい、
肺に入る空気の量が少なくなってしまっています。
そのためか気温に呼吸の状態が影響してしまっているようで、
気温が高くなると、呼吸が苦しくなり、
気温が下がると、呼吸が少し楽になるという状態です。

病院の先生からも、改善は難しく、
病気と上手くつき合っていくようにということで、
現在、抗がん剤と利尿剤の強さを、そのときのアイラの呼吸の状態をみて、
調整しながらあげて、呼吸の状態を保っているという状態です。

状態が悪いときは、呼吸がいつ止まるか分からない状態のため、
長時間の留守番はまだまだ出来ないです。

アイラのお気に入りの場所は我が家の2Fです。
アイラは家の中でトイレをする事を極端に嫌うため、
トイレはお庭になります。
利尿剤の効果もあり、アイラは、2〜3時間に1回トイレに行くため、
自力で起き上がるのですが、階段を下りると、途中で落っこちてしまうのと、
階段を上れないので、ここで補助が必要になります。

散歩も距離は短くなりましたが、自分から行きたいとアピールできます。

我が家では、出来るだけアイラのやりたいように
やらせてあげる様にしています。
補助は兎に角、最小限。
出来る事はそのまま今まで通りにさせてあげる様にします。

プライドの高いアイラは補助を嫌がって自分でやりたがります。
アイラのためにも運動能力を出来るだけ保ってあげて、
寝たきりになる事を遅らせられればと思っています。

アイラ、涼しくなれば、もっと呼吸が楽になるからね。
もう少し、いっしょに頑張ろうね。

P1030745.jpg

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]