我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2013年07月14日

リーサお試し開始しました。

昨日、リーサのお試しがスタートしました。

リーサのいぬ親希望者様は、先日もこのブログで記載した様に、
我が家の先住犬リゲルやユエが通う犬のしつけ方教室のクラスメイトで、
九十九里ドッグダンサーズの発起人、
保護活動も個人でしているボンちゃんママさんです。

リーサの出身のブリーダーが廃業した時にも、
その一報を入れてくれただけでなく、同行して下さりました。

今回、リーサに希望を出してくれた経緯は、
リーサが可哀相という同情からではなく、
「リーサと一緒にブリーダーの現状を多くの人に知ってもらう活動がしたい」
ということでした。
実は我が家でも、リーサには、愛護教室等で、
子供達への啓蒙活動のお手伝いをしてもらいたいと思っていました。

ただ、可哀相な犬だからという理由でなく、一緒に目的を持って生きる。
素晴らしい生き方になると思います。
以前も書きましたが、リーサがもたらすメッセージは、とても大切なメッセージです。
命の尊さを伝える、リーサにしか出来ない事だと思っています。

もちろん、リーサはハンディも気にしていませんし、
人慣れもバッチリですので、啓蒙の素質は十分です。
しかも、トレーニングのクラスメイトなので、しつけに関しても、
同じ手法で、継続して頂けます。

逸走についても、私共が、迷子捜索をしていることも、もちろん知っていて、
そのような思いは絶対にさせないと、固く誓って頂けました。

私共が持っていた本「犬と、いのち」を差し上げたのですが、
すぐに読んで頂け、食事が出来なくなる程、ショックを受けたそうで、
啓蒙に対しての決意を改めて固めてくれました。

昨日の様子ですが、着いてすぐに、家の中をうろうろしていたリーサですが、
ボンちゃんママさんには、お見合いの時、トレーニングをしてもらったことを、
憶えていて、すぐに慣れていました。

ボンちゃんママさんのおウチには、先住のワンちゃんが2頭、猫ちゃん2匹いますが、
特に問題もなく、先住ワンちゃん達は、リーサをすぐに受け入れてくれました。

私共が帰った後、リーサは、ゴハンももりもり食べていて、
すっかり、ボンちゃんママに馴染んでいるようで、全く問題ないそうです。

ボンちゃんママさん、リーサをよろしくお願い致します。

リーサを応援して頂いた皆様、本当にありがとうございます。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

リーサ幸せになれて、良かったね。

P1020177.jpg

ボンちゃんママさんとトレーニング中。コマンドを待っているリーサ。
リーサ、トレーニングの素質バッチリです。
P1020174_1.jpg

ニックネーム キース家 at 23:33| Comment(2) | リーサの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

はじめまして!

ブリーダー崩壊の時に
リーサちゃんを見つけ、
ずっと気になっていました。

リーサちゃんに謝りたい。
幸せになれてよかったです!
Posted by あや at 2013年08月05日 19:28
あや様

リーサの幸せをずっと願って下さっていて、
ありがとうございました。

リーサのご家族になって下さったボンちゃんのママは、
リーサの事を九十九里ドッグダンサーズのサブメンバー
にと考えているので、いつかどこかで会えますよ。
その時は、是非リーサに声をかけてあげて下さいね。
Posted by キース家 at 2013年08月05日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]