我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2012年10月21日

10/21ちばわん篠崎いぬ親会に参加させて頂きました。

本日、リアラと一緒に、ちばわん篠崎のいぬ親会に参加させて頂きました。
リアラにとっては、初めてのいぬ親会です。

会場について、リアラを降ろそうと、ハッチバックをあけたところ、
何と、リアラが入っていたクレートが、横倒しになっていました。
横倒しになっていた事が分からないくらい、リアラは静かに、
我慢して乗っていました。
この我慢強い所がハスキーなのですが、
リアラ、少しは教えてくれていいのに。。。

会場についたのですが、やはり、リアラ会場の雰囲気が怖かったようで、
結局、抱っこして会場入り。
さらにテントには入れず、この距離が精一杯。
P1010328.jpg

ずっと犬舍で過ごして来たリアラにとって、
見るもの聞くもの全てが初めてになります。
初めてでこの距離でずっといられただけでも、立派だったと思います。

離れた所だと、いろいろな表情を見せてくれます。
P1010319.jpg

ずっと見てます。
P1010317.jpg

でも何かあると陰に隠れます。
P1010318.jpg

撫でてみました。
P1010324.jpg

さらにもう一回。
P1010325.jpg


口笛を吹くと、何故か地面を見ます。
P1010322.jpg

離れていたリアラですが、多くの方から声をかけて頂けました。
有り難い事に、リアラのことを、美人で性格がいいというお褒めの言葉を、
沢山頂けました。

実は、今回の参加の目的は2つありました。
ひとつは、恐がりのリアラに少しでも、会場の雰囲気に慣れてもらうこと。
そして、もうひとつは、リアラに自信をつけてもらう事です。

リアラの自信とは。
リアラは、ブリーダーのところでは、重宝されていたと思えない状態で、
多分、劣等生という扱いになっていたと思います。
つまり必要のない存在でした。
でも、リアラは、家庭犬としては、これだけ、多くの方に、
美人で性格がいいと、お褒めの言葉をもらえました。
つまり、人馴れさえ出来れば、
家庭犬としてはとっても優秀な仔なのです。
これもリアラが、過酷な状況にあっても、腐らず、
純粋な性格を持ち続けていたからです。
リアラ自身に、ブリーダーのところでは、
劣等生だったかも知れないけれど、
家庭犬というこちらの世界では、
あなたは必要とされる存在だということを、
伝えられたのではと思っています。

次回の参加のときは、もう少しテントに近づけるといいね。リアラ。
無理をせず、あせらず、のんびりと。
リアラが自ら人間との壁を壊せるように、見守りたいと思っています。

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(2) | リアラの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天気がよくて気持ちのいい日が、
いぬ親会デビューの日で良かったですね。
クレートが倒れても大人しくしている
いじらしさ。信頼している人や
安心できる場所で見せる笑顔。
皆さんのおっしゃる美人で性格がいいに納得。
良いご縁があることを祈っています。
Posted by ミルバんち at 2012年10月22日 12:07
ミルバんちさま

リアラの今まで生きて来た環境を考えると、
これからは自由に伸び伸びとさせて下さるご家族が
現れる事を目標に頑張りたいと思います。
見守っていて下さいね。
Posted by キース家 at 2012年10月23日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]