我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2017年07月14日

木綿募集文更新しました

木綿の募集文、ようやく我が家仕様に更新しました。

http://chibawan.net/dogdetails/no3212

木綿と生活して分かった事、それは解決能力が低いかなという事。

解決能力が高いと、何かが起きても解決方法の選択肢が豊富で、

テンパる事も割と少ないのですが、木綿の場合、

何か起きるーどうしていいか分からないー破壊活動

のような、残念な負のスパイラルに突入している気がします。

私から見て木綿は聡明な犬なのに、賢さが全然生かされてなく、

とってももったいないと思います。

結局、その犬の持っているポテンシャルを引き出すのは学ぶ事で、

木綿はもっと学ぶ事が必要です。もちろん、人間も一緒にです。

そのような訳ですので、木綿と一緒に暮らしたいと希望される方は、

是非トレーニングに通って欲しいと思っています。

それと先住犬に関してですが、木綿をリードしてくれる犬でしたら、

むしろ居てくれると心強いです。

木綿自身で解決出来ない事に対してお手本となり、

心の支えとなる存在が居てくれると、木綿も楽なのかなと思います。

今は頼る対象が必要で、その対象が人だけでなく同居犬もだったら、

お留守番の時のストレスが軽減され、木綿にはいいのではと考えています。

ただ、頼る対象が人間の場合、依存度が高すぎると離れた時に木綿が

相当苦しむので、人に対しての依存は抑えめにしないと駄目です。

普通に可愛がっていると、相当依存して来るタイプです。


ここで私が声を大にして言いたい事。

『甘やかすと、問題行動を起こすから、ダメ」なのではなく、

『依存し過ぎると、独りの時に木綿が辛くなるから、ダメ』なのです。

これを理解出来る方に木綿の家族になって欲しいなって願っています。


IMG_2952.JPG

木綿「ユエ姉さんがいれば、どこでも寝られる。スヤスヤ。」



ニックネーム キース家 at 10:31| Comment(4) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッスン記 17/7/6 &バーベキュー

この日は、レッスンの他に人間のお楽しみ、バーベキューをしました。

半年に1回の割合でバーベキューだったり、

鍋大会だったりしています。

クラスメイトの皆さんは近所なので、一度お家に帰ってわんこに

留守番してもらい戻ってきていましたが、

私は引っ越してちょっと遠くなってしまったので、

そのままユエと木綿を連れての参加でした。

ユエはいつもの事なので普通に待っていられました。

木綿はどうかな? と思ったのですが、

ちょっとはテーブルの上のご馳走が気になったようですが、

基本大人しく待っていられました。

立派でした。

IMG_2946.JPG

待っている間にオヤツを貰うユエと木綿

IMG_2951.JPG

待ってます。お利口です。

IMG_2954.JPG

そろそろ待ちくたびれています。

IMG_2955.JPG

「どうせ、何もくれないんだ、、、」


ニックネーム キース家 at 01:12| Comment(0) | D.I.N.G.O.レッスン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする