我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2017年06月28日

レッスン記 17/6/22

この日は私のトレーニングの2代目パートナーのユエと、

お初の木綿を連れてのクラスでした。

(私の初代パートナーはリゲルでした)

ちなみにこのしつけ方教室、D.I.N.G.O.の茂原クラスには、

かれこれ10年位通っています。

(途中ある理由で1年程離脱していました)

レッスンではこんな事、
IMG_2876.JPG

「マットの上で立って止まる」なのですが、

座ったり、伏せたりと、私の教え方が良くなくて、

なかなか伝わらなく難儀しました。

他に何をしたか、トレーニングシートを見ながら書こうとしたら、

シート返してもらってなかったー!!

木綿は付き添いで側にいてもらったのですが、

私の近くで伏せて待っていられたら、オヤツをあげたりして、

「このような場面では、どのような行動が有難いか」を

伝えました。

クラスが始まって最初の頃は少し緊張気味でしたが、

全般的に静かに落ち着いていられて、なかなかの優等生でした。

こんな事もしました。
IMG_2882.JPG

スポーツのトレーニングなどで使うマーカーコーンを使い、

ランダムにオヤツを入れてどこにあるか探すというゲームです。

ユエはもちろん、木綿も参加しました。とても楽しそうでした。

外に出掛け、色々な人と犬、初めての経験、楽しい事、

成功体験などなど、このような積み重ねが木綿を成長させる

貴重な糧となります。

この後、ドッグランに移り、アジリティーをしました。
IMG_2887.JPG

アジリティーのコースを撮影し忘れてしまいましたが、

ハードル、スラローム、トンネルがあり、

ユエはハードルを端折る、スラロームも端折る、トンネル苦手、

もうちょっと頑張りましょうな感じでした。笑

次に木綿も挑戦しました。

木綿はハードルはキチンと飛んでくれて、

スラロームは「これ、何の意味があるの?」と言わんばかりの

醒めた感じでしたが頑張ってくれ、

トンネルは無事通過できました〜、パチパチ

先生曰く「過去の経験で嫌な事があった物に対しては警戒するが、

未経験で嫌な記憶がない物に対しては気にしない。」という事です。

確かに、人のちょっとした動きにビクッとなった場面はありましたが、

本当の怖がりな犬と違い、未知の物を許容する能力はありますし、

初対面の人、初対面の犬、初めての場所、これらに過剰に反応しません。

それなので、これから楽しい経験で辛い経験を上書きするように、

トレーニングに木綿を連れて行こうと思います。

ユエも過去には木綿と同じように不用意な人の動きには驚き、

首にカラーやハーネスを通されるのを嫌がるなど、

苦手な物が複数ありましたが、今はほぼ克服しています。

木綿もきっと出来ると思います。

クラスでのレッスンの後、併設のカフェでみんなでお茶しました。
IMG_2910.JPG

木綿はどうなるかな〜と観察していたのですが、

これがなんと、私の足元に静かに伏せていて、

食べ物を欲しがったりしませんでした。

いや、この顔は欲しがっているかもしれません。笑

ですが、テーブルにちょっかいを出さず、お利口でした。

これからの成長が楽しみです。







ニックネーム キース家 at 19:29| Comment(2) | D.I.N.G.O.レッスン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

苦手な物の考察

私の苦手な物はたくさんありますが、

ここで一つ挙げるとしたら、「車の運転」です。

近所や短距離でしたら運転出来ます。

ですが目的地に広くてガラガラな駐車場がないと、

安心して出掛けられません。

高速道路は怖いので使いません。

一度独りで自宅から1時間も掛からない所へ高速道路を使って行きました。

その時は恐怖や緊張から体に余計な力が入り、肩が変な風に凝って、

自分の不甲斐なさを痛感しました。


と、ここで「私」を「木綿」、「運転」を「留守番」に

変換して下さい。

木綿は留守番が苦手です。

短時間でしたら、何とか乗り切れるのですが、

長時間だと緊張や、恐怖を感じて平常心ではいられません。

バリケンを破壊したり、物を破壊したりしてしまいます。

この「怖い」という気持ちは、罰がベースのトレーニングでは

治せないです。

何故なら、「罰」が「留守番の恐怖」を上回らなければ効果がないからです。

必要なのは「経験」と「自信」。

環境を整えて、良い経験を積ませてあげられれば、

恐怖を克服出来ると思います。

それなので、木綿を家族に迎えて下さる方は、

是非ポジティブトレーニングを継続して下さればと思います。

そうすればウチのユエくらい、もしかしたらもっと凄い子に

なるに違いありません。


私の苦手と、木綿の苦手を対比してみたのですが、

木綿の気持ち、より理解して頂けましたか?


ちなみに、私は運転の技術を上げるためのトレーニングはしません。

万が一、事故を起こしたら、多方面に迷惑が掛かりますから。笑




ニックネーム キース家 at 21:56| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

木綿の最近の様子

ブログをお休みしていて申し訳ありません。
我が家の先住犬、ハスキーMIX3兄妹のリゲルが17日に天国に旅立ちました。
亡くなる一週間ほど前から介護が必要になり、
ブログの更新が滞っていました。

木綿ですが、特に問題はないです。
留守番だけ、若干不安定で、木綿がしたいこと、
例えば、トイレやご飯、散歩ができないときに、
破壊活動をしますが、以前より破壊の被害状態も落ち着いて来ています。
最近の破壊のお気に入りは、ブラインドです。
我が家の先住犬達のことは気に入っているようで、
一緒に散歩すると、離れないように一生懸命ついて行きます。
多頭に慣れている我が家の先住犬達は、木綿を全く構わず、
石ころのように扱いますので、それがいいようです。

先日、先住犬のユエが通っている、D.I.N.G.O.のしつけ方教室に
一緒に連れて行きました。
先生にもアドバイスをしてもらいましたが、
ちょっと怖がりなだけで 、精神疾患などではないようです。
木綿はトレーニングが楽しかったようで、張り切っていました。
併設のドッグカフェでも、大人しく出来ました。
木綿、結構いろいろできます。

木綿、大丈夫そうですので、来月のいぬ親会には
参加をしたいなと思っています。

留守番が難しいので、留守番のないご家庭で
木綿にご興味がありましたら、ご連絡お待ちしております。

ユエと2ショット、ユエ慕われています。
IMG_118.jpg


しつけ方教室で
IMG_122.jpg

IMG_117.jpg

ドッグランで
IMG_119.jpg

IMG_120.jpg

ドッグカフェで、股の間で大人しく待っています。
IMG_121.jpg
ニックネーム キース家 at 18:26| Comment(2) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする