我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2017年05月18日

ピンチがチャンス!!

恐れていた事が、こんなに早くやって来るとは、、、。

今日、雷が鳴りました。

木綿、きっと怖がるから、、、と部屋に行こうとすると、

ガタガタ音がして、木綿が部屋のドアを開けて出て来ていました。

レバーを押し下げる方式のドアなので、開けられる子がいる事は

認識していましたが、、、木綿も出来る子なのね。(^ ^;)

木綿を連れて部屋に戻り、落ち着くまで一緒にいる事にしました。

私が一緒にいる分には部屋にいられるので、ひと安心。

私は立って心を無にして(ここ大切!!)、様子を見ます。

木綿はひっきりなしに歩き回り、雷の鳴っている間、

壁で行き止まっては方向転換しつつ、私にごりごりすり寄って来たり、

飛びついたりしていました。

ここで「木綿怖いよね〜、大丈夫だよ、一緒にいてあげるから。」

なんて撫でたり、抱っこしてあげたりしません。

それは木綿にとって「雷の恐怖から逃れるには、人間と接触している事」

となって欲しくないので、それが必須条件になると、

留守番時に雷が鳴ったら、木綿が独りで乗り越えられなくなるでしょ?

ただひたすら「雷なんてどうって事ない。恐怖なんて感じない。」

という気を発しつつ、じっと木綿が落ち着くのを待ちました。

最後の雷の音がしてから十数分、葛藤していた木綿でしたが、

ようやくいつもの場所に座ることが出来るようになりました。

え〜〜〜っ、かなり優秀じゃん!!

これなら、我が家で何度か雷の経験をしたら、やり過ごせるように

なるんじゃない?! と手応えを感じました。

まだ我が家に来て日が浅く、信頼関係もまだ未熟で、

そんな中でのピンチを迎えてしまい、正直自信がなかったのですが、

「木綿出来る子説」が急浮上です。


これからの木綿との生活が楽しくなって来そうです。

トレーニング始めるのが楽しみ〜♪


ニックネーム キース家 at 16:38| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする