我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2017年05月28日

疑いの目

木綿ですが、我が家にも少しずつ慣れてきて徐々に変化が出ているのですが、
どうしても私達を疑いの目で見てます。
散歩とご飯の時はわかるようで尻尾をフリフリしてくれるようになり、
いい笑顔も見せてくれるようになっているのですが、
そのほかの時は、何かするんでしょ的な疑いの目で見られます。
正直、特に何もしてないのですが、
この人間不信をまず直さないといけないと思っています。

また、前回も書きましたが、なぜか木綿はトレーニングをすることを、
良しとしていなくて、完全に無気力です。
ということで、こんな時に無理にトレーニングをしても、
木綿がトレーニングは嫌なものだと思ってしまうので、
木綿の目から疑いが消えるまで、しないようにしたいと思います。
トレーニングは楽しいものだ。と思ってもらうこと。
これが一番大事なのです。

大好きな散歩ですが、人がいっぱいいると嫌みたいです。
いつもの散歩コースに市場が開催されていて、人がいつもより多くいました。
その中の一人の人が、可愛いワンちゃんね。と寄って来たところ、
フリーズしたので、怖がりなのでごめんなさいとUターンして帰りました。
今日も、小さい子を連れたご家族とすれ違う時、かなり緊張してました。

この人間不信を直さないと、いぬ親さんのところに行っても、
脱走などの危険が伴ってしまいます。

ということで、ゆっくり、じっくり、時間をかけて、
人は木綿が嬉しいことをしてくれるということを
わかってもらえるようにしたいと思います。

お部屋の隅っこがお気に入りの場所です。
散歩とご飯以外にお部屋に入るとこんな目をします。
リードは念のため垂らした状態で一本は付けっ放しにしてます。
IMG_101.jpg

木綿の部屋です。基本フリーです。
パニック時に事故にならないように、ものは全部片付けました。
ケージには、嫌悪感がなかったので、3時間を超えるお留守番の時、
使用できるように設置しています。
IMG_99.jpg

散歩は本当に楽しそうにします。
IMG_91.jpg

散歩中の笑顔です。大分柔らかい表情になりました。
IMG_100.jpg

ニックネーム キース家 at 12:22| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

木綿の心中

今朝は朝から雨が本降りでした。

朝一の木綿の様子はちょっと落ち着かず、

立ちあがり所在無さげにしていました。

その後、リビングのテレビを付けて音が聞こえ出すと、

落ち着きを取り戻し静かに寝ていました。

テレビの音だけで雨音があまり気にならなくなるようです。

雷は鳴らなかったので、ホッとしました。

木綿はまだ木綿専用ルームに独りでいて、

ちょこちょこ私が見に行く感じです。

バリケンはまだ試していませんが、ケージには抵抗がないらしく、

不安な気持ちの時には自ら入って寝ていたり、

昨日は3〜4時間、ケージレストで留守番してもらったのですが、

問題はなかったです。

きちんと木綿が安心して留守番できる環境と時間を整えれば、

留守番も大丈夫なのかなと感じました。


そろそろ木綿をリビングで他の犬達と一緒に過ごさせたり、

散歩も一緒にしたいと思うのですが、

夫と私、2人揃っていないと色々と不都合があるので、

まだ試していません。

早くチャレンジしたいのですが、木綿をお預かりするのにあたり、

(我が家の犬達のためでもありますが)

どちらかが不在の時には、どちらかが家にいるという生活スタイルに

シフトしたので、一緒にいる時間が限られ、これが結構不便で、

協力してやらないといけない事が中々進まず、、、参ったな〜。



現在の木綿の状態は人間不信、学習性無力感、

この辺が木綿の頭上に大岩のように

どかっと乗っかっているっぽい。これが一番の厄介事。

さあ、どうやってどかせばいいのやら、、、。




ニックネーム キース家 at 19:59| Comment(1) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

一進一退の攻防の後に

木綿ですが、ついに部屋から出たくなって来たようです。
本来は、克服の第一歩なので喜ぶべきことなのですが、
まだ木綿は他犬が苦手のため、挨拶させた際に、
多頭に慣れている我が家の先住犬達が、
木綿を受け入れようとしてくれるのですが、
我が家の先住犬に対しても、どうしても唸ってしまいます。

喧嘩になるといけないので、もう少し隔離したいのですが、
木綿は先日の雷でドアの開け方を覚えてしまい、
ドアが開かないように、ストッパーなどをつけても、
開けようとして、ずっとガタガタしっぱなし。
その音に我が家の先住犬達(特に雪)が反応して吠え出し、
結果、ずーと、ガタガタ、ワンワンが続く状態に。

ということで、試行錯誤しながら、
木綿の部屋のレイアウトを変えることに。
バリケードの位置を変えても変えても、うまくかいくぐる木綿。
この攻防が続いていたのですが、
結局、ドアを外から鍵がかかるようにつけ直すため、
1時間ほど木綿と一緒に部屋の中にいたところ、
そのあと、落ち着いて寝てしまい、
ドアを開けようとしなくなってしまいました。

特に木綿を構っていないのですが、
見えるところに人がずっといたのが良かったようです。
安心したみたいです。

ここからもわかるように、木綿は極度の怖がりで、
他犬への唸りもそうですし、人間に頼ってしまうのも、
留守番ができないのも、この怖がりから来ているようです。
これは自信をつけさせてあげれば、克服できると思っています。

でも木綿は思ったより早く私たちを信頼してくれたようなので、
早速、トレーニング開始できそうです。

さあ木綿!頑張って一緒に克服しようね。
ニックネーム キース家 at 21:23| Comment(2) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする