我が家では「心のリハビリが必要な犬」のケアを
 D.I.N.G.O.の人道的なドッグトレーニングを用いて行っています。



 いぬ親希望者様へ
 終生室内飼育をお願いしています 
 お問い合わせのメールへのお返事は、
 24時間以内に返信するよう心がけております。
 私共から返信が無い場合、ブログにコメントを残して下さい。

chibawanba052.gif
↑雪(せつ)、リンカの問い合わせ先↑

 連絡先メールアドレス:rabbit_husky◯yahoo.co.jp(◯に@を入れて下さい)
 ※必ずパソコンからお送り下さい。

2017年02月21日

一進一退の攻防の後に

木綿ですが、ついに部屋から出たくなって来たようです。
本来は、克服の第一歩なので喜ぶべきことなのですが、
まだ木綿は他犬が苦手のため、挨拶させた際に、
多頭に慣れている我が家の先住犬達が、
木綿を受け入れようとしてくれるのですが、
我が家の先住犬に対しても、どうしても唸ってしまいます。

喧嘩になるといけないので、もう少し隔離したいのですが、
木綿は先日の雷でドアの開け方を覚えてしまい、
ドアが開かないように、ストッパーなどをつけても、
開けようとして、ずっとガタガタしっぱなし。
その音に我が家の先住犬達(特に雪)が反応して吠え出し、
結果、ずーと、ガタガタ、ワンワンが続く状態に。

ということで、試行錯誤しながら、
木綿の部屋のレイアウトを変えることに。
バリケードの位置を変えても変えても、うまくかいくぐる木綿。
この攻防が続いていたのですが、
結局、ドアを外から鍵がかかるようにつけ直すため、
1時間ほど木綿と一緒に部屋の中にいたところ、
そのあと、落ち着いて寝てしまい、
ドアを開けようとしなくなってしまいました。

特に木綿を構っていないのですが、
見えるところに人がずっといたのが良かったようです。
安心したみたいです。

ここからわかったことは、木綿は極度の怖がりで、
他犬への唸りもそうですし、人間に頼ってしまうのも、
留守番ができないのも、この怖がりから来ているようです。
これは自信をつけさせてあげれば、克服できると思っています。

でも木綿は思ったより早く私たちを信頼してくれたようなので、
早速、トレーニング開始できそうです。

さあ木綿!頑張って一緒に克服しようね。

ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | 木綿の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ももからのお便り

もものいぬ親さんからお便りが届きました。
ももですが、お行儀よく暮らしているそうです。
本当に上手にももと接してくれています。
もも、幸せになって良かったです。
いぬ親さま、これからも、ももをよろしくお願いします。

IMG_81.jpg

IMG_82.jpg

IMG_64.jpg

IMG_78.jpg

IMG_75.jpg
ニックネーム キース家 at 00:00| Comment(0) | ももの日記(お手伝い) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする